【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者(31)が大麻取締法違反の疑いで厚労省麻薬取締部に逮捕…。

やっぱりか?【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者(31)が大麻取締法違反の疑いで厚労省麻薬取締部に逮捕…。

スノーボード元五輪日本代表の【国母 和宏】國母和宏(コクボカ ズヒロ)容疑者(31)が大麻取締法違反の疑いで厚労省麻薬取締部に逮捕されました。やっぱりか…と思ってしまうのは私だけでしょうか?

https://matomedane.jp/page/40752

person snowboarding

 

【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者といえばやっぱり、【バンクーバーオリンピック服装問題】!

【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者といえば、【バンクーバーオリンピック服装問題】ですよね…。子供だから仕方がないか…とその当時私は思っていました。スノボうまいんでしょうけど、顔が素朴なんで、ドレッドとか服装で目立ちたかったのかと…若気の至りですよね…。【沢尻エリカ】さんの【「別に…」事件】と同じかと思います。

【バンクーバーオリンピック服装問題】とは?

あれは2010年2月9日の出来事だったそうです。【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者は20歳だったんですね…。私まだ10代かと思っていました…あまりにも幼稚な言動だったので…。【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者はスノーボード・ハーフパイプ日本代表としてバンクーバーに向かうため、成田空港へ…。この時のユニホームの着用の仕方、それ以外のスタイルに関し、世間にというか、マスコミに叩かれたのです。以下が彼が悪いといわれた内容です。

● 日本選手団公式ユニフォームを崩し着

● 腰パン

● 緩めネクタイ

● ブレザーの前を開けっぱなし

● シャツの裾をだす

● ドレッドヘア

● 鼻ピアス

● サングラス

まぁよくないとは思いますが、お下品だったんですよね…。

「日本の代表として行くのだから!ちゃんとして欲しい!」

というオリンピック関係者、大人たちの意見・考えから彼のバッシングが始まったのかもしれません。

でも良くなかったのは…。

「結果よりも内容。(滑りを見て)格好いいと思ってもらえればいい。最近のスノーボードはすげぇダセえから」

と本人はかっこいいと思ってはいたのかもしれませんが…まーこりゃ恥ずかしいし、印象悪いわ…って感じのままでバンクーバーに出国してしまったのです。それから【日本オリンピック委員会(JOC)】と【全日本スキー連盟(SAJ)】に対し抗議が殺到し、【日本選手団公式服装着用規定違反】と【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者はみなされ、選手村の入村式を欠席させられました。

服装問題だけで終わらないのが【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者…【反省してまーす、舌打ちにマウスピース事件。】

これで終わらないのが【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者でまだ続きます。翌日の2010年2月10日ハーフパイプ陣の記者会見でまた事件は起こりました。【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者は会見で以下を述べます。

「気持ちは何も変わっていないです。自分にとって五輪はスノーボードの一部で、特別なものではないので」

「自分の滑りをすることしか考えていません」

これで終わればよかったのですが…服装の乱れについて

「反省してまーす」

とふざけた一言。またこれで終わらない…。

「チッ、うっせーよ」

あーもうやらかしてくれるな…。

ひとりであればどうでもいいのですが、いろんな人の想いを背負い、しかもいろんな方々に支援していただいての出場だと思うんです。【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者は何もわかっていなかったのでしょう。当時所属していた東海大学の札幌キャンパスでは応援会は中止…。【全日本スキー連盟(SAJ)】からは出場辞退させる意向と一時はなりましたが、開会式は欠席、試合には出させるということになりました。2月15日に公式練習後、即席会見をした際も、【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者は【マウスピース】を入れたまま返答するなど、とんでもないといわれていました。国外でもこの内容は報道されたようです。恥ずかしいかな…。

競技結果は…。

【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者、超ビックマウスで、競技の結果は?というと予選は2位で直接決勝に進みます。決勝では1回目最後の技で転倒し流血。2回目は最後のダブルコーク1080の着地が乱れましたが、最終順位8位の記録を残して入賞という結果でした。金メダルとるぐらいすごいイキリでしたが、8位入賞。でも違う意味でモチベーションも落ちていたでしょうし、普通だったらもう試合どころではないでしょう。そんななかでの8位入賞はよく頑張ったと私は思います。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191106/k10012166161000.html

その後は、【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者指導者プロスノーボーダーとして活躍!

若気の至りとして、現在はどうしているのかと思いきや…。【國母 和宏】国母 和宏(コクボカズヒロ)容疑者、指導者・プロスノーボーダーとして活躍していたようです。2人の父親でもあり、愛犬家でもありました。なんだか悲しいですね…。外国では合法であっても日本では駄目なんです。それに、ワンちゃんやお子さんがいる場所では使用しないといっても、何かの間違いで見つけることなどあった場合を考えると恐ろしいです。やっぱ私の考えは浅はかなのかな…。でもせっかく頑張っていただろうに…もったいないですね…。逮捕は悲しい。さまざまな意見があるかとは思いますが、私は悲しいです。きっと「反省してないやん」と怒涛の如くいわれるでしょう。仕方がありません。自分でやったことですから…。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください