壱岐【かす巻】を久しぶりに食べた!

長崎だけなのか?色々種類がある【かす巻】!今回は壱岐【かす巻】を久々食べてみる!

隣町にある、【なかよし村】というスーパーに沢山、長崎のお菓子が売られております。色々と気になるものが沢山あるのですが、今回は家族3人で仲良く食べれるお菓子にすることに!3本入りの壱岐【かす巻】を買いました。【土肥製菓】さんの【かす巻】です。

http://doiseika.com/kasumaki

【かす巻】とは?

【かす巻】はカステラ生地の皮で、こし餡をまいたものです。対馬の【かす巻】はズッシリと重く、壱岐の【かす巻】は細長いのが特徴です。【千代香】という和菓子とよく似ています。これも九州だけですかね…。どら焼きが薄皮になり、細長くなったというのが1番近いかもしれません。食べやすくて、美味しいお菓子であります。

http://www.nihon-kankou.or.jp/nagasaki/422100/detail/42422fc2270102188

江戸時代に【かす巻】は誕生したとのこと…。

【かす巻】は江戸時代、朝鮮貿易で栄えた対馬藩で考えられ、参勤交代で江戸から帰った藩主のために作られたという話があるようです。無事に帰ってこれたことや、長旅の疲れを癒すために【かす巻】が考案されたようです。こういった家族を思う温かい気持ちなんかいいですね…感動しました。

壱岐【かす巻】は美味しい!

細長いスティック状になっている壱岐【かす巻】とても食べやすく、量も丁度いいです。ふわふわの皮に甘すぎないこし餡がマッチしていてとてもいいです。また食べたくなるお菓子と言えますね!

https://lineblog.me/ikitake/archives/689915.html

【かす巻】はもう一つある!

島原地方にある【かす巻】は、対馬や壱岐の【かす巻】とは違います。皮は厚く、皮の周りには砂糖がまぶされています。中はこし餡であることは同じですが、太いです。【和製ロールケーキ】と謳っているとのこと!これはこれで、とても美味しいです。たまに長崎人は食べたくなるお菓子ではないでしょうか?皆さまも機会があられたら、いろんな種類の【かす巻】食べ比べてみてください。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

https://www.e-nagasaki.com/shops/kashi/wakanmi/65130601/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください