ロハス的…ナチュラルが私のモットーだったはず!

最近自分のモットーを忘れかけていた…。

いろんなことが立て続きに起こり、完全に自分を見失っていたように思えます。ジョンの事、自分の体調の事、仕事がうまくいかない事、家族の事…。考えたらきりがないのに、ずっとあることないことを考えすぎてました。日々の生活に追われ、何でもどうでもいいようになってしまっていた。これからは頑張りすぎず、ナチュラルネイチャー・ロハス的な考えを少しずつ取り戻していきたいと思います。


他人の目などどうでもよかったはずなのに…。

昔は他人の目などどうでもよかったのに…私の長所はマイペース、なんと言われようと、自分のやり方、自分の考えを重視していました。間違っているよと他人に言われ、直すような状況だったのに(それも問題ですが…)あまりにも他人と足並みをそろえることばかり考えていたようです。もう40過ぎたから…と思う事が多くなり、好きな服より、社内で目立たないようにすることばかり考えていたようです。これからは季節に合わせ、ドレスコードに触れないよう気を付けるようにします。マキシロングのワンピースも涼しいから着ることにしますね(笑)。

本を読まなくなっていた…。

最近はブログ更新や、仕事が忙しいことをいいことに、本を読まなくなっていました。これからは気分転換にもなるので、好きな曲を聴きながら読書に励みたいと思います。さっき【アルボムッレ・スマサーラ】さんの本を少し読んだり、【松浦弥太郎】さんの本を読んだり…。少しだけ楽になりました。書くことだけでなく、読むことで自分を取り戻す作業ができることを改めて感じました。

 

身体を動かし、きちんと食事をとる…。できていなかったように思える。

毎日、目の前にあることを準備もなくこなすだけ…毎日クタクタで何もできなかった。とりあえず、食べ、とりあえず飲み運動もせず寝る…。体調悪くなるのは当たり前です。そんな当たり前のことにも気づけない精神状態だったのかもしれません。自分は何もできないと思い込み、そう思う事で、バリアをはっていたのかもしれません。そりゃ何もうまくいかないですよね…。

部屋を綺麗にし、身体も清潔にすることを心がける。

私、実は片づけられません。今もとんでもないゴミ部屋のようになっています。こういったことがよくない…。断捨離せねばです。ちょっとのことができず、後回しに…。この性格がよくないのだと思います。これから梅雨が明け、泳ぐ回数も増えるかと思いますが、そうなると必然的にお風呂に入るのですが…。億劫でシャワー短時間で終わらせるようになっていました。大好きな入浴もあまりできていなかったと思います。こういったことが知らず知らずのうちにストレスとなっていたのかもしれません。



ジャンクフードや、必要のない食事をとっていた。

体調や精神的にナーバスになっていたのは、ジャンクフードや必要のない間食が多かったせいもあります。情けないです。食べていれば、食べないととわけのわからない状況に自分を持っていっていたように思えます。チョコやケーキなどあまり食べていなかったのに、【ご褒美】というわけのわからない名称を付け食べていたように思えます。しっかりしないとですね…。


昔は気分転換に香りをよく利用していた。

これから昔はよく使っていた、アロマスプレーなど、気分転換に使用したいと思います。いきなり、職場でデスクスペースに振るのではなく、手持ちのタオルにかけ香りを嗅ぐのもいいかと思いました。気分も切り替えられますし、気持ちよく、仕事に取り組めそうです。


仕事の見直しをし、前向きに何でも取り組むようにする。

無理のないよう、感情的にならず、シンプルな言葉で仕事をしたいと思います。それにはやはり、仕事の見直しをしなくてはなりません。お客様に端的に伝えるにはどうすればいいか…。まず自分がパニックにならないよう、たくさんの準備をする必要があると思いました。そこで、お客様にも伝達する部署にも思いやりを忘れずに端的に物事を伝えれるよう、訓練が必要かと思います。少し、仕事の見直しをしていきたいです。


いつまでもウジウジすることが何もいいことではないと思います。どっとな何か悲しみが襲ってきたら、その波にのまれることなく、ちゃんと乗れるようこれからはして生きたいと思います。きっとジョンはそれを望んでいるような気がしました。たまには泣くかもしれませんが…(笑)。いつも頃にロハスを、ナチュラルネイチャーでありたいです。今回もしょうもない私の心のリハビリ投稿でした(笑)すみません。最後までお付き合いいただきありがとうございます。

person carrying basket of vegetables

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください