高校時代の担任の先生にバッタリあって言われたこと…。

高校時代の担任の先生にバッタリあって言われたこと…。

つい声をかけてしまいました。

道端で、高校の担任の先生に遭遇しました。よく見かけるのですが、向こうも嫌かな?と思ってすごい至近距離でない限りは声かけはしないのですが…。今回は目があってしまったので、ちゃんと挨拶をしました。

担任は英語の先生だった。

英語の先生で、2.3年と担任の先生でした。親友のYちゃんと二人で、修学旅行では大変迷惑をかけました。よく考えるととんでもない生徒だったと思います。私とYちゃんとは今は離れて生活をしていますが、大人になった今でも少し、修学旅行の時はよくなかったね…と少し反省したりします。「松本城なんてみらん、寝とく」と2人でいい、先生は「写真撮影があるから頼むから起きてくれ!」と私たち二人を無理にバスから降ろし、何とか写真撮影に参加させました。空港で勝手に明石焼きを食べたり、本当にやりたい放題でした。反省しております。

先生に未だに付き合いがあるお友達の近況を伝える。

何々さんは元気で、何々さんも関東でがんばっているとかかなりの人数の友人の話をしていると、先生がいきなり、「あなたの近況はどうなの?」と聞かれてしまいました。私はあまり自分の話をするのが好きではないので、「可もなく不可もなく、穏やかに日々を過ごしています。」と伝えてしまいました。先生はこのあと「僕の人生はもう終わりだよ…」といってそのまま去って行くのでした。

先生に言われて思ったこと。

私、何にもできてないわ…とふと思いました。痛いところついてくるな…とも思ったし、今度会った時には、自分がどんなに楽しく、充実した生活を送っているか伝えたいので、少しずついろんなことを頑張っていきたいと改めて思いました。たまには先生も役にたつのだな…と失礼なことを考えつつもこれから小さな目標を沢山決めて必ず実行していきたいと思いました。いい気づきだったと思います。先生ありがとう!今回もグダグダ意味不明投稿ですみません。最後までおつきあいいただきありがとうございました。

man in brown long sleeved button up shirt standing while using gray laptop computer on brown wooden table beside woman in gray long sleeved shirt sitting

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。