【多汗症】なのか…【精神性発汗】なのか…少し暖かくなると、悲しいかな【ヨーグルト】のような【酸っぱい臭い】が自分からする…対処法を考えてみた!

【多汗症】なのか…【精神性発汗】なのか…少し暖かくなると、悲しいかな【ヨーグルト】のような【酸っぱい臭い】が自分からする…対処法を考えてみた!

汗をかくことはいいことだが…。

今日は特に…自分の身体の臭いに嫌気がさした。

【多汗症】なのか…【精神性発汗】なのか…少し暖かくなると、悲しいかな【ヨーグルト】のような【酸っぱい臭い】が自分からするのです。この間から自分がいかに臭いかという話しばかりしてすみません。しかし本当に臭くて…どうしていいかわからないのです。【デオドラントスプレー】を振っても、少しの間だけしか香らず、また【酸っぱい臭い】が襲ってきます。本当に臭いです。自分の身体の管理もできず、情けない…。

お風呂に入っていないわけではない!でも臭い!

お風呂は好きなのでよく入るし、清潔にしている方かと思うんですが…なんせ【酸っぱい臭い】が自分の身体からするもんですから…職場で迷惑かけていないかとか心配になります。しかし、みんな黙っていてくれているのか…自称鼻が強いという先輩が「臭ったら正直にいう!」といってくれていますが(笑)…今の所、何もいわれていません。

家ではほとんど臭わないので【精神性発汗】の可能性が高い…。

私、家ではほとんど臭わないので、【精神性発汗】の可能性が高いかもしれません。

【精神性発汗】とは…

恐怖や緊張、興奮などの強いストレス時に脳の前頭葉や辺縁系と呼ばれる部分が刺激され、瞬時に発汗すること

だそうです。【精神性発汗】は個人差や状況による違いが大きいため、精神療法が用いられることもあるとのこと。やはり精神的なものが人間の身体には作用することが多いですね…。病は気からとよく言ったものです。ストレスは何にでも影響する本当に怖いですね…。


汗をかく部位には理由があるとのこと!

それぞれ汗を各部位には理由があるみたいです。ひとつづつ紹介してみます。

① ひたいや首筋の発汗

活発に活動した際、ひたいや首筋に汗をかくそうです。代謝が上がった脳を冷却するためにとても意味がある汗とのことでした。

②わきの発汗

闘争・逃避で筋肉を使うための準備として、わきに汗をかくそうです。すごいですね(笑)。わきの太い血管を通る血液を冷やして全身の体温を下げるためにわき汗はとても意味があるとのこと。わき汗は一種の温熱性発汗とも言えます。いとうあさこさんも少しホッとされるかもです(笑)。

③ 手のひら・足の裏の発汗

手のひら・足の裏の汗は、体温を下げる効果はほとんどないとのこと。滑らずに木の枝をつかんで逃げるサルの時代のなごりと言われているようです。やっぱり猿から私たち人間は進化してきたのだな…と改めて知らしめられました(苦笑)


自分の悩みとしては…。

汗かきであることはどうでもいいのですが…。やはり一番は臭いです。足の臭いと服が臭くなるのが一番嫌です。昨今は【汗拭きシート】という素晴らしいものが販売されているので、大変助かるのですが、服の臭いが一番困ります。【ファブリーズ】やフレグランスを上手く使って、あと着替えれるのであれば着替えるのが一番かと思います。しかし、身体がきついから、ビタミンB群系の栄養剤などを飲むことがあるのですが…どうもこの系統を飲んだ後の汗は尋常じゃないほど臭いように思えます。恐らく【にんにく】などが原因かもしれませんね…。疲れをとるか?臭いをとるか?どちらか悩む次第です。勝手に臭い対策まとめてみました。

① 入浴、着替えの回数を増やし、汗をできるだけタオルで早めに拭くようにする。

② デオドラントクリームで予防する。

③ 臭いの原因になるような食べ物や薬・サプリメントは控える。

残念なことにこれしかないようです。これからくる暑い夏を乗り切るためにも臭い対策頑張ります。最後までお付き合いいただきありがとうございました!



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。