野良猫から外猫へ…【ニャオニャオ】先生ほぼなつきましたー!

野良猫から外猫へ…【ニャオニャオ】先生ほぼなつきましたー!

【ニャオニャオ】先生…ほぼなつきました!外猫となる!

5月初めより完全に居座り始めた【ニャオニャオ】先生…。ほぼなつき、我が家の外猫として生活を始めております。

もう少し慣れたら、動物病院へ連れて行かなくてはなりません。【猫エイズ】も気になるし、なんか病気じゃないかも

心配なので…。猫の飼育の仕方もまだまだ何もわかっておりませんので、猫の飼い主として私も少し勉強しなくてはなりません。

子猫からの飼育ではないので…難しいことが多い。

猫を飼っている同僚さんたちに色々と教えてはもらっていますが…まだまだでございます。半月ぐらいかかりました。なつくまで…。

夏目漱石ではないですが…【ニャオニャオ】先生という愛称はありますが…。「名前はまだない…」のです。

なぜか父か【ピーちゃん】と呼ぶので…。ピーが付く名前にしなくてはならなくなりました。我が家には【バリケンのピッピ】がいますので、

「ピーちゃん」と呼ぶ父に少し【バリケンのピッピ】はイライラしています。普段はとてもおとなしい子なんですが…ファーっと

羽を広げイライラしているようでした(笑)。

ピーの付く名前?あるか?

色々考えてみたのですが浮かんだのが【ぴょん吉】…「ど根性ガエル」か?【ぴょん太】、【ピー助】…。【ピース】はどうかな?

【平和】ですし…。明日、家族会議にかけてみます。【バリケンのピッピ】のイライラが止まらないとは思いますが…【ピー】は決定

みたいなので…我慢してもらうしかありません。ごめんよ【ピッピ】…。

 

しかし、犬と違い猫は大変に思える。

【ジョンさん】はやっぱり犬だったので、呼んだらくるし、呼ばなくてもくるし…でしたが、【ニャオニャオ】先生はやはりねこなので、

かなりの気まぐれです。最近は、フードをあげるときは「ニャオニャオ」とハイテンションでやってこられますが、

途中何もしていないのに、「シャー」っという時があります。やはりほっといてくれ的なところがあるようです。

だからほおっておくしかありません。飼い主として猫の気持ちを早めに理解できるようにならないと!と思いました。

人間の勝手ではありますが…やはり性質が違うので難しいですね…。保護したからには大切に育てたいと思います。

 

我が家に住み着き始めよりは少し太ったように思える【ニャオニャオ】先生!

フードをどれぐらいあげたらいいものか…。難しいですね…。何回かに分けてちょこちょこ少しずつあげております。

フードをあげると渋々触らせてくれますが、のどをゴロゴロ鳴らしてまんざらでもないようです。

やっぱり撫でてもらうと気持ちがいいのですかね?可愛いところもあります。

もう少しなれたら…動物病院へ行こう!

初めての事なので…色々大変でしょうが…。もう少し慣れたら、動物病院へ連れて行かなくてはなりません。

【ニャオニャオ】先生の健康状態をチェックしてあげなくては…。推定年齢とか獣医さんであればわかるのですかね?

色々と楽しみになってきました。しかし、焦らずに【ニャオニャオ】先生と仲良くしていきたいと思います。

今回も自己満投稿ですみません。最後までお付き合いいただきありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。