【いだてん】ついに始まる!第1話とても面白かった!ちょっとだけ私なりのネタバレです。

【いだてん】ついに始まる!第1話とても面白かった!ちょっとだけ私なりのネタバレです。
Pocket

【いだてん】ナレーションは【ビートたけし】と【森山未來】

「東京オリムピック噺」と落語の演目として、古今亭志ん生【ビートたけし】が【いだてん】のナレーションを勤めます。若かりし頃の古今亭志ん生【森山未來】さんが演じておられます。2人のナレーションとなりますね!

ドラマの始まりは昭和34年(1959)の東京・日本橋から…

古今亭志ん生【ビートたけし】が、娘の美津子【小泉今日子】とタクシーに乗っているところから始まりです。久々のキョンキョンに私は心浮かれてしまいました。古今亭志ん生は渋滞中のタクシーの中でウトウトとしていおり、その車の横を半袖短パンの青年が、足袋で走り抜けていきました。その姿をみて古今亭志ん生は落語の演目『富久』を思いだします。浅草に着くと早速『富久』をするのでした。キョンキョンとビートたけしさんの掛け合いがとても良かったです。ビートたけしさんの演技がとても自然ですっと入ってきました。

 場面は急に東京都庁へ切り替わります。

いきなり、東京都庁へと切り替わります。東龍太郎【松重豊】東京都知事と田畑政治【阿部サダヲ】日本オリンピック委員会委員、岩田幸彰【松坂桃李】の3人は東京オリンピック誘致に向けて正念場の段階でした。そんな矢先、オリンピック招致の最終スピーチを行うはずであった外務省職員が省内運動会でまさかの怪我…。悲しいことに登壇できなくなってしまいます。そんなイライラの中、東京都知事が偶然見つめていたTVに外交評論家である平沢和重【星野源】でており、オリンピック招致・最終スピーチを依頼することに。立派に役目を平沢和重が果たし、1964年の東京オリンピック開催へとつながります。【星野源】さんの英語スピーチ素晴らしかったです。

これまた1908年(明治42)東京へいきなり切り替わる…。

また時代は変わり、1908年(明治42)東京となります。浅草遊女【橋本愛】がいる遊郭の前から、フランス大使館へ向かう嘉納治五郎【役所広司】の場面へと移りました。嘉納治五郎を乗せる人力車の車夫、清さんは【峯田和伸】さんであり、【いだてん】には日本の有名芸能人がたくさんでています。忙しいです。嘉納治五郎は、日本スポーツの父と言われ、柔道の創始者です。フランスの駐日大使ジェラールは、近代オリンピックの創始者クーベルタン男爵から、日本のオリンピック参加を導ける者を見つけてきてくれと頼まれていました。フランス大使は「柔道の父」嘉納治五郎が適任だと考え、平和の祭典のオリンピックの精神を伝えながら、日本がオリンピックに参加するため、嘉納治五郎に働いて欲しいと依頼します。

出る杭は打たれる…嘉納治五郎ピンチ

ロンドンオリッピックを現地視察してきた、永井道明【杉本哲太】より「欧米人と比較して日本人は身体が出来ておらず、日本人がオリンピックなど、欧米諸国相手に10年、50年早すぎる」と言われます。ロンドンオリンピックでは熱射病でフラフラになる選手を無理やりゴールさせた経緯があったので、尚更反対ととの事…。永井道明だけでなく、日本体育会も、「体育」と「スポーツ」は違うといい、オリンピック参加に対し猛反対するのでした。出鼻をくじかれ、嘉納治五郎ピンチです。

三島弥太郎邸で天狗倶楽部(TNC)と嘉納治五郎は出会う!

銀行副頭取の三島弥太郎【小澤征悦】邸で、嘉納治五郎は天狗倶楽部(TNC)と出会います。大隈重信【平泉成】に嘉納治五郎は「オリンピックの精神に共鳴するものがいないことが不甲斐ない」とぼやいている矢先に、弥太郎の弟、三島弥彦【生田斗真】が野球プレイをしながらの乱入。チャラチャラしている天狗倶楽部(TNC)…三島弥彦が100mを12秒台で走るといっても、チャラチャラ感に嘉納治五郎はいい感じを持ちませんでした。

融資見送り…。嘉納治五郎【役所広司】、災難です。

融資は見送りとなったと連絡を受けた嘉納治五郎【役所広司】、大変落ち込みます。そんな嘉納治五郎へ、またもやあのフランスの駐日大使が登場。今朝、ストックホルムから届いたものだといって、オリンピックスタジアムの設計図を見せるのでした。2万2千人を収容できるものだそうです。嘉納治五郎、興奮します。ポスターには日の丸描かれていました。歓喜あまり、嘉納治五郎そのままの勢いでオリンピック参加を表明をしてしまうのでした。

嘉納治五郎【役所広司】勝手に『大日本体育協会』を設立

東京高等師範学校(現・筑波大学)の校長室に、大日本体育協会を勝手に嘉納治五郎【役所広司】は設立。オリンピック候補選手をさがすための予選会を行うことを嘉納治五郎は提案します。「世界の中心で走ってみたいと思わないか?」という嘉納治五郎の言葉に感化された、三島弥彦【生田斗真】はそれはもう大変乗り気で、資金は兄:三島弥太郎【小澤征悦】に直談判してくれるとか…すごいですね。予選会は羽田運動場で行うことになりました。

羽田運動場で予選会が開催される(明治44年)

嘉納治五郎は世界記録に近い記録を出す選手がいない場合は、オリンピック参加は辞退すると決めています。そんな決意の中、マラソン競技(25マイル)が始まるのでした。しかし、天候が悪くなり、雨が降ってくる始末…。脱落者は増え続け、もう世界記録に近い記録は難しいと思っていた矢先、雷鳴轟く雨の中、足袋で駆け抜けてくる金栗四三【中村勘九郎】の姿がありました。

いだてんだ!!

来た!いたぞ!!

 彼こそが韋駄天だ!

と嘉納治五郎が金栗四三をみて叫びました。金栗四三の顔には、被っていた赤白帽の赤い染め粉が雨で顔に滴り落ちてきており、顔が血まみれのようになっている始末…まるで歌舞伎の隈取くまどりみたいでした。笑けてきます。

すごく長く感じた【いだてん】

最後の最後に主人公登場です。来週やっと主人公の生い立ちから話があるみたいです。しかし、【いだてん】?【韋駄天】とかくそうです仏法の守護神であり、仏舎利を盗んだ捷疾鬼を追いかけて取り返したという俗説があるとか…。それによって、足の速い神といわれ、足の速い人のたとえにされているそうです。これからまた色々とてんやわんやとあるんでしょうが…まあみてて楽しいのでいいかと思います。

https://www.nhk.or.jp/idaten/r/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。