父が【突発性難聴】、ジョンは【アレルギー】2人仲良くステロイド剤…。

朝から父親を耳鼻科へ…

月曜日だし、混むわ!と思い、急ぎ病院へ行ったのですが…病院開いておらず、セブンイレブンで休憩しました。某地方新聞と封筒にスティック糊を購入。その後、遠回りをして病院へ行くと入れました。

受診後…Dr.から【突発性難聴】と診断される。

ショックでした。父の右耳は全く聞こえていないそうです。聞こえないといいだして2日ぐらい。以前母が耳が聞こえないと言って耳鼻科に連れて行ったら、耳のゴミが溜まっていただけでした。お恥ずかしい。今回は心配していたのですが…【突発性難聴】…酸素療法と、投薬で聴力が回復するよう治療してもらえるとのこと。治ることを祈ります。

ジョンも仲良く耳に問題あり…。

昨日のお昼に耳の中が血だらけであることが判明したジョンさん…すぐに病院と思ったのですが、父の具合も悪かったので、ジョンにも我慢してもらい、本日受診しました。

待合室で色んな人に声をかけられ、はしゃいで困りました…ジョンさん…。周りの皆さんが『血が出てるよ?大丈夫?元気だね!』といってくださっているのに、愛想ばかり振る舞っておりました。目の周りも痒いのか血が出てます。

ジョンさんは食物アレルギーの可能性が高いとのこと。

餌が悪いのか…。果物ばかり食べているからか…。痒いみたいで、かわいそうでした。お薬をいただいたのですが…なんと父とお揃いのステロイドいり!仲がいいなぁと思いました(笑)。

大好きな獣医先生に会えてご機嫌でした。処置室からガチャン!と音が聞こえたのですが…恐らくジョンさん何かにぶつかったか…動物看護師さんすみません。

早急に受診しなくてすみません。

こちらの都合で、動物病院の受診が遅くなった旨をジョンさんに謝罪…。あっさり許してくださいました(笑)。

色んな方々にちっともお利口じゃないのに、『お利口ね!』といわれ上機嫌なジョンさんです。皮膚疾患があろうが、容赦なく元気なジョンさんで…獣医先生に、『元気が1番!』と言わせる始末でした。

食器を細長いバットに変えるようにいわれる

獣医先生に教わった細長いバットへ食器をかえてみました。しかし、食べにくくないかな?

ジョンさん、ご飯があれば、食器なんてどうでもいいみたいですね…。心配でしたが、そのまま、ご飯与えてみました!

問題ございませんでした。ガツガツいつものように食べておられます。台座をと思っているのですが…もっと深いバットにしないと、餌も入れづらいし、ジョンさんも食べづらいかな?よく考えみます。

しかし、疲れました。

自分のことだと、諦めがまだつくのですが、父やジョンのこととなると…どうにかしないと!!と思っている自分がいまして…。なんか気づかれしてしまいました。病気は当人が1番つらいのに、自分が情けないです。2人が元気になるために、自分に何ができるか、良く考え行動したいです。私ごとですみません。最後までお付き合い頂きありがとうございます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください