特捜!最強FBI緊急捜査 日本未解決事件を追う!をみて思ったこと。

特捜!最強FBI緊急捜査 日本未解決事件を追う!をみて思ったこと。
Pocket

未解決事件が多すぎる

私たちが知らないだけで、沢山の未解決事件が存在します。日本の失踪者は毎年10万人ともいわれ、本当に恐ろしいです。今回テレビ番組で【大阪西成女性医師変死事件】と【東京町田美大生失踪事件】が取り上げられていました。2つの事件から感じたことをいくつか書きたいと思います。

残されたご家族の方々の姿をみると居た堪れない。

大阪西成、東京町田のご家族の方々は今も時間が止まったままです。それが居た堪れません。どちらの家族も娘さんのお部屋をそのままにされていました。どうしてこうなったのかと全ての家族の方々がご自分を責めているようにも思えて、とても辛かったです。

初動捜査の遅れと予断捜査による誤りが未解決事件につながっている。

初動捜査の遅れから、物証や近くにいる犯人を逃してしまったりすることが多いとの事…。予断捜査をすることで誤った方向へ行っていることに気づかずに迷宮入りとなってしまうようです。非常に残念です。しかし、人の命が関わっていることなので、警察にはもう少し努力して欲しいと改めて思いました。

被害者の女性医師は西成のマザーテレサと呼ばれていた【大阪西成女性医師変死事件】

とても素敵な女性医師が埠頭で死体となって見つかった事件。当初は自殺扱いでした。後頭部の血腫や首には締められたあとがあると言うのに、死後に付いたあとと、警察から説明があったとの事。被害者女性医師のご両親も医師であり、この検死結果はありえないと思っています。薬物中毒の患者さんが麻薬の売人と接触しているところに、女性医師が遭遇し、注意をした際、麻薬の売人に恫喝されたと実兄に打ち明けていたとのこと、このことが女性医師の死因に関係しているのかもしれないとも言っていました。真相は深い闇にあり、まだ何も解決していません。非常に苦しい内容でした。

とても美しい美大女子学生が神隠しのようにいなくなってしまった【東京町田美大生失踪事件】

何枚も美しい女子学生の写真がテレビで写し出されていました。家族で毎年お盆は、おばあさまのところへ帰省されていたのに、この時に限って、『渋谷の歯医者に行くので帰省しない』といったとのこと。翌朝家族は帰省し、女子学生は昼間レンタルビデオ店に返却をし、そのまま行方をくらましてしまったそうです。あまりにも急な出来事で、ご家族もなかなか受け入れきれないご様子でした。FBI式捜査では、女子学生は生きているといっています。おそらく車で連れ去られ、今も犯人に必要とされており、帰りたくても帰れない状況にいると予測していました。ご家族の為にも早く見つけてほしいです。

被害者学について番組で触れていた。

今回の番組で、被害者学について触れていました。加害者側の心理を読み取ることも大事ですが、被害者側の心理や行動を読み取ることで犯人に結びつくということもあるそうです。そのため、双方を調べる必要があるということでした。いつどこでどのようにして犯罪に巻き込まれてしまったのか?被害者学の観点から考えてみると少しずつ犯人との接点がみえてくるようです。

被害者家族の方々のためにも、とにかく真相究明を早くしてほしい!

今回番組で取り上げられた、【大阪西成女性医師変死事件】と【東京町田美大生失踪事件】は、明らかにおかしな点が多すぎるのに、自殺、家出人などで解決しようとしている…。実に残念です。テレビ番組で取り上げられましたが、結果、真相は明らかにはなりませんでした。被害者家族の方々は藁をも掴む思いで依頼しているので、早くなんとかしてあげたいのですが…非常に残念な結果でした。人の命がかかっているのですから、とにかく真相究明を早くしてほしいと願うばかりです。モヤモヤしただけでしたが…最後までお読み頂きありがとうございました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。