【僕らは奇跡でできている】9話やっぱり面白い!

【僕らは奇跡でできている】9話やっぱり面白い!

毎回ほっこりさせられ、考えさせられる。

【高橋一生】さんはやっぱり、素晴らしい俳優さんです。【僕らは奇跡でできている】は毎回考えさせられるドラマとなっています。

あらすじとしては

【高橋一生】さんが扮する主人公、相河一輝は、都市文化大学で動物行動学を教える講師です。大学時代の恩師・鮫島瞬【小林薫】からの誘いで赴任しました。住込みの家政婦・山田妙子【戸田恵子】と暮らしています。実はお母さんなんですよね!一輝は大好きな動物や生き物について、常識や固定観念に囚われない講義の仕方で学生たちの心を掴みます。

9話はなんだか悲しかった

同僚の樫野木 聡【要潤】が自分の仕事や私生活が上手くいかないことをいいことに、相河一輝【高橋一生】に八つ当たりをしました。やっと上手くいきはじめたのに…かわいそうです。樫野木 聡は離婚して娘と離れて暮らしていますが、コソコソ会っています。娘と会うはずが、製薬会社との会合が入ったため、代わりに一輝に迎えに行ってもらいます。かなりの時間、一輝に娘をみてもらた樫野木ですが…軽くありがとうと言うだけでした。この無神経さが離婚につながっているのに何も気づいておらず、全て一輝に八つ当たり…一輝は立ち直れないぐらい傷ついてしまいます。

鮫島教授【小林薫】がとてもいい。

一輝【高橋一生】のことをとても理解している、鮫島教授【小林薫】。樫野木 聡【要潤】の無神経さを淡々と指摘していました。毎回何かといい感じを醸し出しています。こういう鮫島教授のような理解者が必要だなぁと感じています。【小林薫】さんかっこよすぎて…【ハゲタカ】で悪役だったので、今回すんなりみれていいです。

一輝のお爺ちゃん役、【田中泯】さんがいい。

祖父として一輝【高橋一生】を気長に見つめ育ててきました。いつも慌てることなく、自然に身を任せ、生きていらっしゃいます。素晴らしいです。【田中泯】さんの素晴らしさが全て演技に出ておられ素晴らしいです。このドラマの良さは【田中泯】さんが醸し出しているのかもしれません。

歯科医、水本育実【榮倉奈々】先生とはどうなる?

初めは一輝【高橋一生】のことを厄介と思っていましたが、今はお互いを必要としている間柄となっております。いい方向に進んで欲しいものです。


いつもなんだか面白い水本歯科で働く、丹沢あかり【トリンドル玲奈】

個人主義の塊のような若者役をするのがお得意の【トリンドル玲奈】さん、いつも彼女の演技力には脱帽です。今回も人を食ったような役ですが、周りにいろんな影響を与えます。とても面白い重要な役です。

そろそろ終了ですがドラマの題名のように色んな奇跡が起きるかも

なかなか心打たれる内容となっており、毎回楽しみです。忘れてしまいそうな大事な何かを思い出し得ることができるドラマじゃないでしょうか。みんなが幸せになるような終盤であって欲しいです。楽しみですね!最後までお付き合いいただきありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。