長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典

今年で73回目です。

1945.8.9 11:02 長崎市松山町上空503メートルで爆発、爆心地から1キロ以内にいた方々はほぼ即死。一瞬にして沢山の人々の命を奪いました。原爆、戦争というものは本当に恐ろしいです。

安倍晋三さんも長崎にきています。

追悼の言葉を述べながらも、核兵器禁止条約、憲法9条改正…。日本は唯一の被爆国です。その長であるはずの安倍晋三さん、一体何を考えているのか…私にはわかりません。

他都道府県では長崎にいつ原爆が落とされたか知らない人が多い

テレビで若い人に「長崎に原爆が落ちたのは何月何日か?」という質問をしていました。8/6や8/11などの答えているのを聞き、とても残念な気持ちになりました。他都道府県でもとても大切なことなので、平和学習をちゃんと学習項目に入れて欲しいです。

熱中症にならないために、佐世保市の小学校2校が「黙祷」せず帰宅促したとの事

子供達の健康のことを考えたらやむ終えないかもしれませんが、何のための登校日なのかとも思います。

今年亡くなられた被爆者「谷口稜曄」さんとアメリカ人作家「スーザンサザート」さんの絆

今年は、被爆者の谷口稜曄と土山秀夫さんがお亡くなりになられました。体験された方々がいなくなられることがとても悲しいです。谷口稜曄さんが今日は何度もテレビに映っているのを見て、アメリカ人作家のスーザンサザートさんとの強い絆を思い出しました。

谷口稜曄さんがアメリカに講演に行かれた際、通訳としてスーザンサザートさんがつかれた事が、お二人の出会いのきっかけです。谷口さんの親切な言葉や接し方にスーザンさんは驚かれ、5人の被爆者の壮絶な人生を本に記しています。私はEテレの特集を見たのですが、とても感動しました。再放送があれば是非見て欲しいです。

改めて平和について考える

寝ているジョンさん見てると、本当にゆっくりとした時間が流れていることに、私は幸せを感じました。

ジョンさん寝ていたのですが、大好きな「千羽鶴」という歌が流れると起きて座って聞いていましたよ(笑)

このまま幸せな日が続くことを祈り、毎日を大切に過ごしたいと思いました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください