【獣になれない私たち】私は面白いと思います!

万人ウケしないといけないのか?

1話目から、次はどうなるんだろう?って思わせてくれるドラマ【獣になれない私たち】だと私は思い2話までみました。やっぱり私は変人なのですかね…それぞれの登場人物が1人の人間にある要素に思えて仕方がありませんが、そこがとても面白いです。視聴率が下がっているとのこと…万人ウケしないといけないんですかね?お金を稼ぐ!話題になる!いたしかたないのでしょう。

みんな幸せ過ぎるのか?

【獣になれない私たち】の展開に「イライラする…」「辛気臭い…」「退屈の一言…」などの声が視聴者からでているみたいです。みんな幸せ過ぎるのか、人の気持ちがわからない自己中だらけなのか…。自分はドラマの登場人物たちのような馬鹿なことはしないと、思っているのだと思います。この風潮が特殊詐欺に引っかかってしまう原因なのかもしれませんね…。

いびつな関係や考え方の違い…不器用な登場人物たちがいいと思う。

猛獣のような菊地凛子さんが演じる【橘呉羽】が結婚相手に出会った時に聴こえた鐘の音…。某教会の鐘の音に似ているということで、【根元恒星】松田龍平さんと【深海晶】新垣結衣さんは鐘の音を某教会まで聴きに行きます。なんだか少しずつ2人が近づいていっているところがなんだかいいです。不器用なんでしょうね…しかし、人間ってそんなもんじゃないんでしょうか…。

腹がたつのは、田中圭さんと黒木華さんの関係…。

別れたのに一緒に暮らしている【花井京谷】田中圭さんと【長門朱里】黒木華さん…2人にしかわからないことがあるのかもしれません。しかし、【花井京谷】田中圭さんは【深海晶】新垣結衣さんと付き合っているわけだし…いい加減、子供じゃないんだから、【長門朱里】黒木華さんも自立すればいいと思うんですが…。仕事が決まるまで置いてと言って、四年も定職につかず、挙げ句の果てにはゲーム三昧で引きこもり…最悪です。本当は定職につかないでいるのは、【花井京谷】田中圭さんと一緒にいたいだけなのではないでしょうか?なんだか怖いです。

人間性がなくなりつつある。殺伐とした世の中になっている。

表面上だけしかみず、一つの項目に何かが隠されていることを考えない。考え過ぎるのはいけないかもしれませんが、人の心を読み取る力、思いやりが無くなるかと思います。自分の事ばかり考えて人の気持ちがわからない人間が増えている原因かもしれないですね…。1つのドラマから色々考えてしまいましたが、これからも楽しませていただこうと思います。最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください