【剛力彩芽】さんどうなるのか?【前澤友作】さんは結婚しない。

「仕事したくない…」剛力彩芽さん大丈夫か?

【前澤友作】さんのような人を好きになってしまった【剛力彩芽】さん。浮き世離れした【前澤友作】さんには、常識なんぞ通用しません。自分が何をしたいのか…26歳という早い段階で気づかれる事はとてもいいことだと思います。結婚だけが人生ではないので、いろんな形があってもいいのかかもしれません。

どうにもならない【前澤友作】さん

結婚という形にしばられたくない。座右の銘は【一夫多妻】という人ですから、一筋縄ではいかないでしょう。しかし、こういう浮き世離れこそが【前澤友作】なので、理解できない人はついていけないのかもしれませんね。婚外子3名…【剛力彩芽】さんも未婚の母になる可能性大…。それでも【前澤友作】さんのことが好きであれば私はアリではないかと思います。

事実婚、内縁関係はデメリットが多い?

最近は、事実婚・内縁関係などを選ぶ方々も増えていますが、意外にデメリットが多いのも現実です。どのようなデメリットがあるのでしょうか?

①周りの理解を得ることがなかなかできない。

やはりまだ日本は閉鎖的な考えが多く、なかなか事実婚・内縁関係が理解されずらいようです。同性婚についてもわずかな都市で認められているだけの状況でもあり、なかなか日本ではいろんな事が理解されずらい状況かと思います。

②子供の問題

事実婚・内縁関係の方々のお子さんは、母親の戸籍に入ることになり。父親は認知の手続きが必要です。【前澤友作】さんは特に問題ないかと思われますが、いろいろと手続きも大変そうですね…。

③税制・相続・生命保険などの問題

どうしても法治国家なので、こういった問題がでてきます。お金がある【前澤友作】さんには特に問題はないかと思いますが、お金がない方々には大変な問題だと思いました。悲しいですが、やはり世の中お金ですね…。

④社会的信用を得ることが難しい。

ローンなどが組みづらかったり、病気で倒れた際、手術などの同意書にサインができなかったり…。いろいろ大変ですね…。【阿川佐和子】さんが結婚された理由の一つとして、病院のことを例としてあげられていたのをふと思い出しました。

とやかくいわれていますが…【剛力彩芽】さんにはがんばってほしい。

女優さんではありますが、【剛力彩芽】さん一人の人間です。事務所の契約などいろいろと大人の問題もありますが…。なんといわれようと、自分の思うがままに選択するのが一番かと思います。他人になんといわれようと、自分の考えで選択しないと後で後悔するでしょう。人間一人で生きていないので、家族や事務所の方々…周りのみなさんには多々迷惑をかけることになると思いますので、まぁ…いろいろ考えて選択してほしいものです。私も今回いろいろ考えさせられました。自分の人生を少し振り返り、これからのこと考えようと思います。ある意味、【剛力彩芽】さん、【前澤友作】さん、世間のみなさんありがとうかもしれません(笑)。最後までおつきあい頂きありがとうございます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください