映画【女神の見えざる手】桐谷さんがおススメしてたので見てみた(笑)。

映画【女神の見えざる手】桐谷さんがおススメしてたので見てみた(笑)。

【U-NEXT】の31日間無料トライヤルを

利用して、このモヤモヤした状況を

解消しようかと思い、それはやっぱり

映画かなと思いました。読書の時間も

必要なんですが、倍速で見れる映画も

楽しいものです。

映画観るなら<U-NEXT>

早速ですが、あの【月曜から夜ふかし】の

桐谷さんが2017年の映画ランキング1位と

評した【女神の見えざる手】を

見てみることに…桐谷さんは唯一この映画の

よくなかったところは主演女優さんが

美人ではなかったこととのこと…。

桐谷さん、充分美人な女優さんですと

私はいいたかったかな(笑)

ただただ桐谷さんの趣味ではなかった

ということでしょうか(笑)?

変なところ手厳しい桐谷さんはさておき、

勝手に映画評論行ってみます(笑)。

【女神の見えざる手】はどんな映画なの?

【女神の見えざる手】は、2016年に

公開されました。監督:ジョン・マッデン、

主演は【ジェシカ・チャステイン】さんです。

この主演女優さんが桐谷さん好みでは

なかったようですね…。

私は好きな女優さんです。


【ジェシカ・チャステイン】さんは

2012年制作、【ゼロ・ダーク・サーティ】

という映画でアカデミー賞主演女優賞に

ノミネートされています。

【ウサーマ・ビン・ラーディン】の殺害に

至る経緯や作戦に挑む特殊部隊を描いた

映画のようです。まだ見てないので

見てみます。

【ジェシカ・チャステイン】さんは

女性の権利を守るため様々な活動を

行っているとか…とても素晴らしい方

ですね…かなり脱線しましたが、

【女神の見えざる手】についてです。

女神の見えざる手 [ ジェシカ・チャステイン ]
価格:3410円(税込、送料無料) (2021/4/18時点)

楽天で購入

日本では聞きなれない、【ロビイスト】に

ついて描かれている映画です。

主人公は敏腕の女性【ロビイスト】…。

アメリカでは政治活動には欠かせない

【ロビイスト】…政府と民間企業の

架け橋でもあり、政治にとても影響力が

ある仕事です。

この映画は、敏腕ロビイストである

エリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)

の元に銃器保有に賛成する女性を増やして

欲しいという依頼がくるところから始まります。

エリザベスは大門未知子のように失敗しない

有能な人材です。これまでのキャリアから

政界でも認められていました。

しかし、彼女は銃の規制強化に賛成なので

依頼にきた大物政治家を罵り、上司とも

もめた末、パーティーで知り合った、

小さなロビー会社のヘッドハンティングに

答え、有能な部下を率いて移籍します。

一番有能な部下【ジェーン・モロイ】

(アリソン・ピル)は残念なことに

大学院進学を考えているので

大手ロビー会社に残ることに…。

エリザベスは右腕に裏切られ残念感を

隠せぬまま会社を去りました。

ここまででも急展開で、食い入るように

見てしまいます。

議員役で【クリスティーン・バランスキー】さん出演

【クリスティーン・バランスキー】さんが

議員役で出演されています。

すっかり忘れていてヒャ―となって

しまいました。やっぱりカッコいいです。

エリザベスに説得され、銃の規制強化に

賛成する議員役です。

とにかくこの映画の面白いところはラストの大どんでん返し…。

とにかくこの映画【女神の見えざる手】の

面白いところはラストかと思います。

ひさびさの大どんでん返しラストでした。

【ショーシャンクの空に】、

【ユージュアル・サスペクツ】に匹敵する

ぐらいの大どんでん返しです。日本映画

【告白】のどんでん返しぐらいで満足して

いてはいけません。

ショーシャンクの空に [ ティム・ロビンス ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/4/18時点)

楽天で購入

【湊かなえ】さん、【中島哲也】監督には

大変失礼な話ではありますが、それぐらい

スゴイ大どんでん返しと言えます。

あの何とも言えない心のもやっとかんが

すかばれる内容となっています。

ここでネタバレしてもいいのですが…

ユージュアル・サスペクツ [ スティーヴン・ボールドウィン ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2021/4/18時点)

楽天で購入

やはり映画を見て欲しいので

やめときますね…。

ネタバレ期待されていたかた

すみません。

色々な無料動画サイトで見れる映画

です。お時間ある方はみてください。

時間をとってみて欲しいです。


http://miss-sloane.jp/

この映画をみて…。

私の感想や批評はどうでもいいですが…。

この映画をみて思ったことは、

エリザベスはただの切れ者では

なかったということ…ここぞという

時にいかに力を発揮するか、

駆け引き上手になるか…

そういったことを感じました。

エリザベスの弁護人の顔をずっと

見ているだけでもその変化に

エリザベスのすごさが感じられるかと

思います。

『勝つ能力以外に信じるものは…』

というメモが何度か出てきますが…

この答えも最後に分かります。

とても考えさせられました。

今回もなんだかふわっとはしていますが、

勇気元気だけでなく、本質を見極める力などを

おしえてもらったような気がします。

適当な映画紹介でした。

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

dTVでもみれるようですので

リンク張っておきます。

【初回31日間無料/dTV】月額550円(税込)映画・ドラマ・アニメ・韓流、話題作ゾクゾク追加!

コメントを残す コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください