新生児に血を飲ませた容疑で逮捕された母親…【代理ミュンヒハウゼン症候群】か?夫が妻は無実と主張。

新生児に血を飲ませた容疑で逮捕された母親…【代理ミュンヒハウゼン症候群】か?夫が妻は無実と主張。

初めこのニュースを聞いて誰もが

驚かれたかと思います。

【代理ミュンヒハウゼン症候群】と

報道され…本当にこのような母親が

いるのだと寒気がしました。

しかし、この母親の夫が妻は無実と

週刊紙に話している記事が…

より一層謎は深まるばかりです。

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/09270557/?all=1

23歳の母親へ対する疑問…。

週刊紙に夫がスラスラと話をされて

いるのですが…簡単にスルー出来ないような

内容です。無実を主張されていますが…

私は、 今回逮捕された23歳の母親へ

対し疑問が残ります。 以下内容を

私はスルー出来ません。

● 週刊紙に答えていた夫と結婚する前に同じ病院で女児を出産。
● 女児は小児脳性麻痺を患っていたため、2歳で命を落とす。
● 女児の父親が誰か、身内にも明かしていない。

大変申し訳ないのですが、上記内容を聞いて

からは一般的な解釈を当てはめてはいけない

ように思えてしまいます。

逮捕に至るということはそれなりの

証拠などがあるはず…。

23歳の母親の夫は無実だと主張されている

ようですが、記事を見る限りでは

無実を主張するのは難しいかと思います。

病院側も23歳母親と長い関わりがある…。

長女の件もあり、病院側も23歳母親の

ことをどういった人間であるか把握している

ように思えます。だからこそ分かった事件

なのかもしれません。あくまでも想像なの

ですが、病院側もコミュニケーションを

とるでしょうし、患者様にとって不利になる

ことはあえて言わないし、逮捕までつながると

なるとよっぽどの事だったのではないのか?

と思ってしまうのです。あくまでも私の

勝手な推測ではありますが…。

この推測を覆すような真実を23歳母親の

夫から聞いてみたいと思ってしまいます。

大きなお世話ですね…。

最大の被害者は子供…。

なんだかんだいっても最大の被害者は

子供です。どうしてこのような事件が

おきるのか…。

【 代理ミュンヒハウゼン症候群 】という

病気であれば致し方ない…でもケアを

しないといけない…家族の理解が必要ですね…。

今回、お子様の命が守られたことだけは

幸いだったかと…。うやむやではなく

23歳夫も無実といわれているので、

真相究明して欲しいものですね…。

真実を誰もが知りたいかと思います。

大きなお世話でした。

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください