半年の節目「夏越の祓」…まだ「茅の輪(ちのわ)くぐり」間に合うか?

7月になりました…心を入れ替えて…。

ついに2020年半年が過ぎました。

もう7月です。本来であれば

「東京オリンピック」

一色だったのでしょうが…

「新型コロナウイルス」の影響で

それどころではありません。

はぁ私も今後に向けて、心を入れ替えねば!

とおもいました。

 

 

半年の節目「夏越の祓」…まだ「茅の輪(ちのわ)くぐり」間に合うか?

ふと思ったのですが…半年の節目

「夏越の祓」

まだ

「茅の輪(ちのわ)くぐり」

間に合うか?

今日は7/1なので神社へお詣りに行きたかった

のですが…最近父も疲れているようで、

神社へ行きたいといえませんでした。

結局、朝から買い物をし、帰宅した

次第です。

自宅に帰り早めの昼食を済ませふと…

半年の節目「夏越の祓」…まだ「茅の輪(ちのわ)くぐり」

あっ!!まだ間に合うのか?

今日はもう無理なので、明日どこかの神社へ

行ってみようかと思います。

茅の輪をくぐって、水無月を食べて。6月30日「夏越の祓(はらえ)」に心とカラダを整えませんか?

 

「茅の輪くぐり」には唱え詞があるとのこと…。

「茅の輪くぐり」は神社に作法が記載して

あるのでその通りにすればいいです。

唱え詞があります。代表的なのは

「祓へ給ひ 清め給へ 守り給ひ 幸へ給へ(はらえたまい きよめたまえ まもりたまい さきわえたまえ)」

ですが、神社によっては和歌を唱える

ところもあるようです。

諌早神社のHPに載っていたのを抜粋

しました。

①左廻り

水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 延ぶと云うなり
(みなづきの なごしのはらえするひとは ちとせのいのち のぶというなり)

→【要旨】
六月に夏越の大祓をした人は、寿命が千年にも延びると云われている。
②右廻り

思ふこと みな尽きねとて 麻の葉を 切りに切りても 祓ひつるかな
(おもうこと みなつきねとて あさのはを きりにきりても はらいつるかな)

→【要旨】
思い悩む事が全て無くなってしまうように祈りながら、麻の葉を
切りに切って大祓をするのだ。
③左廻り

蘇民将来 蘇民将来
(そみんしょうらい そみんしょうらい)

→【要旨】
「備後風土記」に書かれた「蘇民将来」の説話が由来となっている。
武塔神(スサノオノミコト)が南海にいた女神を訪れようとして、道に
迷ってしまった時のこと。
旅の途中、蘇民将来と巨旦将来の二人の兄弟に、一夜の宿を頼んだ。
裕福だった弟の巨旦将来はこれを断り、貧しく粗末だったものの
兄の蘇民将来は喜んで家に招いてもてなした。
武塔神は恩返しとして、蘇民将来に「茅の輪」のお守りを授け、
蘇民将来一家の人々の腰に着けさせた。
すると、村に疫病が流行って、皆が死に絶えてしまったのに、蘇民将来
一家だけが無事だった。
それ以来、茅の輪により疫病退散、無病患災になると云われている。

出展:「茅の輪くぐり」唱え詞 諫早神社

神社によっていろいろあるようです。

 

まだ間に合うかも…「茅の輪くぐり」!

明日にでも私、どこかの神社にまだ

「茅の輪」

が残っていることを祈り、7月を頑張ろうと

思います。

みなさまもお近くの神社にいかれてみて

ください。

なんだか季節を感じれるし、言い習わし

だなと思いました。いつも大きなお世話か

後ろ向き投稿ばかりなので少しは涼しげで、

爽やかな投稿をと思いました。

大きなお世話ですね(笑)。

最後までおつきあいいただきありがとう

ございます。

chinowa_kuguri

1+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください