【赤堀恵美子】容疑者のことをポツポツと【週刊文春】が報じだした…。【福岡5歳児餓死】事件…【碇利恵】容疑者の親族は子どもたちを引き取る提案をしていたとか…。

【赤堀恵美子】容疑者のことをポツポツと【週刊文春】が報じだした…。【福岡5歳児餓死】事件…【碇利恵】容疑者の親族は子どもたちを引き取る提案をしていたとか…。

【福岡5歳児餓死】事件…被害男児の母の

ママ友だった【赤堀恵美子】容疑者について

【週刊文春】がポツポツと報じ出しました。

3/7(日)21:00~文春オンライン

YouTubeチャンネルでも配信が始まるようです。

誰もが何なんだこの事件?と思ったかと

思います。なんで親戚でもない【ママ友】が?

と思われた方々が多かったのでは

ないでしょうか?

【赤堀恵美子】容疑者が今までどのような人生を

送ってきたのかを知ることで【 翔士郎 】ちゃんが

戻ってくるわけではありません。

しかし、なぜこのような事件がおきてしまったのか…

再発防止の何らかの対応策にはなるかとは思います。

https://bunshun.jp/articles/-/43899

【碇利恵】容疑者の親族は子どもたちを引き取る提案をしていたとか…【児童相談所】やっぱり問題ですよ…。

驚きました。【碇利恵】容疑者の親族は

子どもたちを引き取る提案をしていたそうです…。

【児童相談所】やっぱり問題ですよ…。

だいたい、上の子2人が小学校で異常に痩せている

と通報があった際、その段階で普通は保護です。

面談の邪魔を【赤堀恵美子】容疑者がしていた

ともいわれていますが…こういうときは

第三者の【赤堀恵美子】容疑者がいくらごねても

「あなたは碇さんの家族と無関係なので介入できません」

というだけのことではなかったのでしょうか?

【児童相談所】の対応本当に問題です。

【 翔士郎 】ちゃんの命救えましたよ…。

https://mainichi.jp/articles/20210305/k00/00m/040/064000c

不思議なことは容疑者2人の夫の事…。

【赤堀恵美子】容疑者の夫は一緒に生活

していたはずですし、今回の【 翔士郎 】ちゃんの

ことはかかわりがあります。救急車もよんでる

みたいですし…。【赤堀恵美子】容疑者の夫は

罪に問われないのでしょうか?

【赤堀恵美子】容疑者の子供たちもかわいそうです。

負の連鎖が生まれないことを祈ります。

あと…いくらなんでも不倫していないので

あれば【碇利恵】容疑者の元夫も

色々と抵抗や対応ができたのではないのでしょうか?

3人ものお子さんをほおっておくことは

普通できないかと思います。

やむ終えない事情があったとしても

【翔士郎】ちゃんを守ることはできたかと…

本当に悲しいですね…。

【赤堀恵美子】容疑者の卒業アルバムの作文を読んで思ったこと…。

【赤堀恵美子】容疑者の家族は、

地元福岡県大川市であまり評判がよくなかった

とか…。相当つらい思いは幼少期から

していたかとは思いますが…それと今回の

事件は別かと…もっと深く考えて欲しいです。

【赤堀恵美子】容疑者の卒業アルバムが

でてきました。

保母さんになるのが夢という作文が…

かわいい夢ですね…。

大いに結構なんですが、ただ気になるところが

何か所かありました。

なれたらいいな~と思っています。
● 小さい子供と遊んだり、何かをおしえたりすることが好きなので
●はじめは保母さんなんてよくないなと思っていた。
私もあんなことをしたいなと思うようになりました
●保育園の運動会の時はとても忙しそうだけど、
私はそれでも保母さんになりたい。

将来の夢が私の思いどおりになるといいんだけどな…。

https://bunshun.jp/articles/photo/43899?pn=2

なんだかな…幸せになる気満々なのは

よーくわかるのですが、あまりにも理由の

内容がなんとなくすぎる…。

こどもなのに、はなっからあきらめ感があって、

いろんなことをめんどくさがっている…

ただの願望でしか感じられないのです。

目標達成の過程がないし…

やっぱり【赤堀恵美子】容疑者、後先考えずに

行動を起こしてしまう人なのかもしれません。

まぁ彼女を分析したところで、何の意味もない

それだけは確かです。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/07/18/meguro-gyakutai-kensyo1_a_23485054/

やっぱり【児童相談所】の責任は重い…。

【赤堀恵美子】容疑者のような人間は

いるわけですから…そこから子供たちを

救うために【児童相談所】はあるわけです。

だからちゃんとした機能を果たさないと

いけない…これ以上このようなつらい思いを

する子供たちを増やしてはいけないのです。

美味しいものを食べたり、楽しいことが

あったり、綺麗な風景をみたり、いい本や

映画を見た時にいつも私は思います。

自分が幸せだということだけでなく、

この世には苦しんでいる子どもたち

動物たちがいることを…

どうにかならないのか、

どうにかできないのか…。

厳しい現実しか知らない子どもや

動物たちがいることが本当に悲しいです。

私になにかできることを本当に考え

やるしかないですよね…。

幸せな子供たち、動物たちの映像をみると

こちらも幸せな気持ちになります。

本当に【児童相談所】…どうにかして欲しいです。

責任のとれる人、子供を守れる人

そういう人を長にどこの自治体ににも

置くべきかと…そうしないといけないですよ…。

適材適所…難しいことなのでしょうか…。

もう少し国に頑張ってもらいたいです。

他人事みたいにいって申し訳ございません。

最後までお付き合いいただきありがとう

ございました。

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください