【篠栗男児餓死事件】から思う事…【マインドコントロール】、【お金】、【ネグレクト】…人が生きている限り阻止することはできないのか…。

【篠栗男児餓死事件】から思う事…【マインドコントロール】、【お金】、【ネグレクト】…人が生きている限り阻止することはできないのか…。

また恐ろしい事件が起きました。

【篠栗男児餓死事件】…

かわいい5歳の男の子が人間らしい

暮らしもできず、親に守られることもなく

死んでいった…餓死ですよ…。

【船戸優愛】ちゃん、【 栗原心愛 】ちゃんの

事件から何を私たちは学んだのでしょうか…。

未だ児童相談所は無関係なお偉いさんの

天下り先のようなもので…もっと

ちゃんとした専門家と警察がタッグを組み

子供たちを守って欲しいものです。

しかし、今回の事件特に胸糞悪いのが

諸悪の根源が全くの他人であって

【ママ友】というもの…本当に怖くなりました。

何か防ぐことはできなかったのでしょうか?

どこかでストップやセーブをかける人物が

一人でもいれば5歳の男の子の命は奪われずに

すんだように思えます。いったい何を

しているのか…【菅総理大臣】…何してるん

ですか?

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/701871/

【赤堀恵美子】容疑者のような人間がまかり通ってはいけない…。

今回、5歳男児の餓死の原因は母親の

ママ友である【赤堀恵美子】容疑者の

【マインドコントロール】といえるでしょう。

【赤堀恵美子】容疑者は嘘で嘘を固めて

5歳男児母 【碇利恵】容疑者を追い詰めて

いきました。【碇利恵】容疑者の家族は

地獄のような生活を送ることに…。

【赤堀恵美子】容疑者の

【マインドコントロール】は拷問です。

いつからこのようなことをおこなって

いたのでしょうか?そもそも本人の性格も

あるのでしょうが…初めてついた嘘が

まるで真実のように一人歩きをし、

何か実を結んでしまった…

幼少期からの経験が積み重なって

このような恐ろしい手口を

【赤堀恵美子】容疑者は身に着けてしまった

のでしょう。しかし、このようなことばかり

続けているとボロが出まくって、

誰にも信用されなくなる…。

唯一、人のよさそうな【碇利恵】容疑者だけ

支配下に置けたのかもしれませんね…。

しかし、【赤堀恵美子】容疑者のような

人間がまかり通ってしまう世の中ではいけない…

日本の教育や法制度の見直しを本当に

早くするべきかと思います。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/701572/

我が子を守れなかった【碇利恵】容疑者…でも一番悪いのは【赤堀恵美子】容疑者かと…。

我が子を守れなかった【碇利恵】容疑者は

悪いです。でも一番悪いのは【赤堀恵美子】

容疑者かと…なぜ抵抗できなかったのかと

【碇利恵】容疑者を責めたり、

どうかしているといっている方が多々

いらっしゃいますが、【マインドコントロール】と

いうものは本当に恐ろしく。自分の考えや

本来ある感情・思考というものを完全にストップ

させてしまうものなのです。

【碇利恵】容疑者は餓死させた5歳の息子に

悪いと思う感情がでてきているようで…

やっと【赤堀恵美子】容疑者から

解放された安心感から起きた現象かと

思われます。しかし、残された2人のお子さん、

失ってしまった5歳の息子さんのことを

考えると本当にいたたまれないです。

これから【碇利恵】容疑者は

【マインドコントロール】化に置かれていた

時よりももっと恐ろしい喪失感と罪悪感に

襲われることかと思います。

しかし、他人の人生を滅茶苦茶にし、

精神もズタズタにしてしまう…。

【赤堀恵美子】容疑者に何の権利が

あるのでしょうか?今はバーチャル体験で

痛み等も与えられる技術があります。

5歳男児が受けた苦しみを【赤堀恵美子】

容疑者に疑似体験でもいいのでさせるべきかと…。

それもできないのでしょうか…

加害者にも人権があるんですものね…。

やはり【お金】が絡んでしまう…。

【赤堀恵美子】容疑者は結果的に

【碇利恵】容疑者からお金を巻き上げて

いた…それだけが目的だったのです。

こんな簡単にお金が手に入るなんて…

1000万以上巻き上げていたという

事実に本当に驚きました。

犯罪です。なぜこのようなことが

まかり通っていたのか…本当に不思議

ですが、周りも見てみぬふりなのでしょうが

【碇利恵】容疑者を離婚に追い込み

孤立させたこと。行政とのやりとりも

勝手に【赤堀恵美子】容疑者が入り

阻止していた…何なんですかね…。

いくら事件が起きてからしか

介入できないとはいえ警察ももっと

動くべきではないのでしょうか…。

都合のいいように法解釈をしている

ようにしか思えません。

本当に今日はただただ大きなお世話な

ブログ内容でした。

しかし、他人事ではなく、自分のことのように

捉えなくてはいけないですね…。

5歳で短い人生を終えなくてはならなかった

翔士郎ちゃんのご冥福をお祈りします。

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください