【池袋暴走事故】初公判…【飯塚幸三】被告は車のせいに…ありえない…。

【池袋暴走事故】初公判…【飯塚幸三】被告は車のせいに…ありえない…。

1年半後の初公判…本当に遺族の方々に

とっては本当に大変な時間だったかと…。

被害者遺族【松永拓也】さんは

予想はされていたようですが、

あまりにもひどい内容が

【飯塚幸三】被告の口から発せられました。

「アクセルとブレーキを踏みつづけたことはない」
「車に何らかの異常が生じ、暴走した疑いがある」

と起訴内容を否認し無罪を主張 …。

本当に恐ろしいです。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4097106.html

ヒドイのは遺族に遺影を持ってはいけないと裁判所…。

今回は被害者の人数が多く、

被害者遺族席がA・Bとなっており、

【松永拓也】さんは遺影を持つことはできた

ようですが、松永さんの親族の方々が

別のB席で持つ予定でしたが、

裁判所から遺影を持つのであれば、

親族ではなく一般席に移って欲しいと

言われたそうです。

加害者に影響があるという理由なのか…

松永さんは裁判の専門家ではないので

そのようなものなのか、裁判に差し支えたら

いけないのでと思いスルーしたそうです。

弁護士の方がおかしいと思い、抗議した

そうですが、受け入れられなかったとか…。

松永さんと弁護士さんはこのような前例を

作ってはいけないと思い再度抗議したそうですが、

裁判所は却下。松永さんの御親族の方1名

遺影を持って一般席に座られたそうです。

どこまで松永さんのご家族を傷つければ

いいのでしょうか?

裁判所って何なんですか?公平なのでは?

弁護士の方が言われたことが心に残る。

遺影を持たせない理由としては

恐らく加害者に影響があると

いいたいのでしょうが…

今回、担当の女性弁護士の方が

言われたことがとても心に残りました。

加害者に影響があると裁判所はいうかもしれないが、被害者遺族の方が家族を奪った加害者と対面するということで本当に大きな影響があるかと思う。

本当におっしゃる通りかと…。

一番つらかったのは、被害者

松永さん妻: 真菜さんの お父様の

言葉です。

「加害者は自分の息子や孫が同じような状況に陥っても同様の発言ができるのか…。」
「本当はそっとしていて欲しいが、いろんな方々に助けられ励まされなんとか裁判所までこれた…。」
「自分のことを完璧な人間とは思っていないが、無罪だなんて…そんなひどい主張は私だったらできない」

ひとつひとつの言葉があまりにもつらすぎて…。

なぜこのようなひどい目に

何も悪くないご家族が巻き込まれ

なければならなかったのか…。

本当に辛いですね…。

しかし、このような状況であってもまだ

車のせいにする 【飯塚幸三】被告 …。

もう怒りしかないかと思います。

これから辛いことがまだあるかもしれない…。

松永さんご遺族は本当にこれから

長い間裁判で苦しまれることになります。

本当につらいです。

でもご遺族の皆さんは亡くなられた

真菜さんと莉子ちゃんの為に精一杯

できることされると言われていました。

上級国民か何か知りませんが、

【飯塚幸三】被告にちゃんとみあう

刑罰を与えて欲しいです。

高齢だからとか、上級国民だからとか…

意味の解らない忖度は絶対にだめです。

日本全体で松永さんご家族を応援しないと

いけません。頑張ってほしい。

私たちもできることをしないと

いけないかと思います。

1+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください