【恋する母たち】ドラマ化…この時期に…なんだかどんよりする。

【恋する母たち】ドラマ化…この時期に…なんだかどんよりする。

2020年は本当に色々ありすぎて…

世界情勢もですが、私自身も

色々とありすぎです。

皆さまもそうなのでしょうか?

困ったもんですよね…。

そんななか、母の愛読書【女性セブン】に

連載されていた【恋する母たち】が

ドラマ化…美しい女優陣で

繰り広げられ…ドロドロ感が

スタイリッシュになっており

なんだかな…とは思いつつも観てしまう…

こんな時期に…どんよりしますね…。

https://www.tbs.co.jp/koihaha_tbs/

やはり漫画なのでありえない設定…。

不倫…失踪…漫画なのでありえませんが…。

母親たちはいろんな問題を抱えて

います。人間誰しも表向きと裏は違うと

言いたいのかもしれません。

でも長く生きるといろんなものを背負って

しまう…。

石渡杏 【木村佳乃】は11年前に夫が失踪。

パートしながら子供を育てている。

林優子 【吉田羊】はバリバリのキャリアウーマン

だが子供の不登校と女性であるがゆえに

男性管理職からのパワハラにあっている。


蒲原まり【仲里依紗】は3人の子宝に

恵まれているが、有名弁護士の夫は

不倫…お金には困らず裕福な生活を得て

いるが、夫からは家政婦扱い…。

何が幸せかわかりません…そういうことを

いいたいのかもしれませんね…。

3人母たちは子供の学校で知り合う…。

有名私立校に通う息子たちによって

3人の母たちは知り合うことに…。

それぞれいろいろなものを抱えており

立場も違いますけど…

何か通ずるものがあったのか、

仲良くなるようです。

こういう友人というのは本当にいくつになっても

必要ですね…。

 

主題歌 松任谷由実【知らないどうし】がいい…。

バブルっぽくて…いいですね…。

主題歌 松任谷由実【知らないどうし】

がとてもいいです。

【柴門ふみ】だな…って思ってしまいました。

知らないどうし…そうですよね

もとはみんな知らないどうしなんですよね…。

なんだか人と人の駆け引きが嫌になる…。

【柴門ふみ】さんって本当に駆け引き上手というか

人間の嫌なところ=いいところでもある…。

人間は失敗するもの過ちを犯すものという

前提がある。完璧じゃないのがいいのかも

しれません。しかし、自分を保つのは

どのようにすればいいのでしょうか?

悩んでしまいますね…。

意外と目が離せない【恋する母たち】なのかもしれない。

このドラマを見ていると、いくら自分が

いろいろあっても大したことないなと

思えます。もうこれからはやりたくないことや

人に気をつかうことやめようかな…。

私の場合、嫌われたくないというより

相手が何だか可哀そうになってしまい、

自分が悪くなくとも謝ってしまう。

よーく考えたらよくないのかもしれません。

昨日も上司のリードミスをつい

私の伝え方が悪かったといってしまいました。

もっと真実を忠実に表現できるように

しないとですね…。

今日もまたどんよりブログに…

私は本当に何か成長できているのだろうか?

今回【恋する母たち】に考えさせられました。

がんばります。

https://ddnavi.com/serial/686698/a/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください