【小倉美咲】ちゃん【道志村キャンプ場】で行方不明になるも未だ見つからず…母【小倉とも子】さんの手記を改めて読み直してみた…

【小倉美咲】ちゃん…【道志村キャンプ場】で行方不明になるも未だみつからず…母【小倉とも子】さんの手記を改めて読み直してみる…。

【小倉美咲】ちゃんが

【道志村のキャンプ場】で

行方不明になってもう半年以上となります。

本当にどこへ行ってしまったのでしょうか?

この行方不明事件は不思議なこと

だらけです。

人の不幸を…と思われる方が多いかと

思います。

私もそう思うのですが…しかし、

腑に落ちないことだらけ…

ツイツイいろんなことを考えたり

想像してしまったり、予測してしまったり…

今日も不謹慎ではありますが…

振り出しに戻り、母【小倉とも子】さんの

手記をもう一度、見直してみることに

しました。

【小倉美咲】ちゃんはどうしていなくなってしまったのか…母【小倉とも子】さんの手記を改めて読み直す…。

【小倉美咲】ちゃん行方不明事件は…

本当に謎が多いです。風化しないようと

母【小倉とも子】さんがいわれていますが…

行方不明後には大きな台風19号がきて、

失踪場所の【山梨県道志村キャンプ場】が

被害をうけたり…。

娘にはここにいて欲しくない美咲ちゃんが行方不明になったキャンプ場にも台風19号の爪痕が

新型コロナウイルスが猛威を振るったりと

捜査の妨げになるようなことが続いて

います。

その影響もあるのか…なかなか進展がない

状況です。どうして見つからないのか…。

改めて最初に戻って、母【小倉とも子】

さんの手記を読み直してみます。

母【小倉とも子】さんは、少し一般の方ではないかと…個性的なところが感じられる。

いろいろ人によって感じ方はそれぞれ

でしょうが…。今まで行方不明者の

母親とは違ったことをよくされています。

世間が違和感を覚えているのが、

・募金活動

・父親顔出しNG

・写真公開が遅すぎ

・髪を切って茶髪にした

・捜索時もSNSで随時更新

・SNS投稿の際、ハッシュタグで自分の店舗名を記載。

などのようですが…。

改めて手記を読み直し、会見の様子を

見直すと本当に不思議な方だな…と

思ってしまいます。

だからといって犯人だとか私は

言おうとは思いません。

なかなか見つからない理由はこのような

不審な言動、行動にあるのかも…と

不謹慎ですが思ってしまうのです。

① とにかく文章が長い

手記をみて思ったのが…長い…

もっとコンパクトにまとめたほうが

いいのではと思ってしまいます。

捜索活動に協力してくださった方々へ

感謝の意を述べるだけでよいのでは

ないでしょうか?最後に美咲ちゃんに

関する情報を発信することが大事かと

思います。

② 無意味で無駄な行動、言動が多い。

いつもそれをしたからどうするんですか?

ということを母【小倉とも子】さんから

感じてしまいます。

それは私の勝手でしょう?

といわれればそれまでですが…。手記の中で

『夜中、娘と同じ気持ちで過ごしたいと思い、同じ服装でずっと外にいましたが…』

というところがありました。

気持ちはわかりますがそれをやったからと

いって、【美咲ちゃん】が

みつかるわけでもないので…。

それよりも本当かどうかわかりませんが、

警察や自衛隊に捜索を頼む際、

写真じゃなく似顔絵を渡したなど

(嘘であってほしい)いわれてもいます。

写真を早めに公開したほうが絶対に

よかったかと…

山口の2歳児の男の子が行方不明になった時は

すぐに写真を公開していました。お母さんの

町内放送での呼びかけも本当に心を打つ

ものでした。

母【小倉とも子】さんは違う考えかも

しれませんが、無意味で無駄な行動、

言動が多いように思えてしまいます。

③ 違和感のある文章。責任逃れ的な文章。

私が一番違和感を覚えたのは

『みんなで探し続けましたが、残念ながら発見できませんでした。』

という文です。私…子供いませんが、

大事なペットがもしいなくなっていた

としても、【残念ながら】という言葉を

使えそうにはないです。

私だったら…

『友人たちと捜索しましたが、娘を見つけることができませんでした。』

となるかと…まあ人それぞれ

表現の仕方が違うので残念ながらと

使う方もいるのかもしれません。

もうひとつ気になるのが、以下の文と

なるのですが…

『事件性は薄いだろうという警察の判断に従い、顔写真は非公開で捜査を続けることにしました。』

やっぱり自分の判断ではない、

写真は非公開で、捜索を始めたのは

警察の判断だった…といっています。

不思議なんですよね…普通は

親の不注意で子供がいなくなった場合、

ずっと自分を責め続けるかと…。

こういったところで他人に責任転嫁は

できないかと思います。やっぱり不思議です。

④ Instagramの投稿について謝罪する際、本当は謝罪したくない気持ちがあるのか?深いため息をついた…。

母【小倉とも子】さんは

捜索中、Instagramに投稿していたと

して話題になりました。

娘が行方不明になり自分の監督不行き届き

という内容の所では涙声の母【小倉とも子】

さんでしたが、Instagramの投稿について

謝罪をする際、本当は謝罪したくないのか、

文を読む前に深いため息を2回付きました。

本当に人それぞれ、時代背景もあるの

かもしれませんが、このようなInstagramの

投稿などされていなければ、手記も

短くなっていたのかもとふと不謹慎ですが

思ってしまいます。

なんど読み直しても、【小倉美咲】ちゃんの捜索につながらないように思える。

【小倉美咲】ちゃんの捜索に何か

役に立つかと思い、母【小倉とも子】さんの

手記を読み直してみましたが…。

不信感の原因だけがみつかっただけの

ようです。手記を読み終えたあとも、

記者からの質問に答える際、

「今後の捜索はプロに任せます…」

といわれたところが怖かったです。

それぐらい切羽詰まっているのでしょうが

やっぱり同調できないという不信感しか

わきませんでした。

今は藁をもすがる状況かと思います。

霊能者?が【小倉美咲】ちゃんがいる

というところを探してみたら?と

別の方が質問をした際、

「探してみたが、ハズレでした。」

的なことを母【小倉とも子】さんは

言われたようです。娘の捜索で

あたりもハズレもないかと…。

不思議な言葉のチョイスをされるかた

だと改めて感じました。

私は、ただただあのかわいらしい

【小倉美咲】ちゃんに元気で

ご家族の元へ帰ってほしい、

早く見つかってほしいしか

考えていません。だからこれからも

何かヒントになるようなことはすべて

疑い、調べていきたいと思います。

結局、今回も前に進むことはできなかった…

しょうもないブログ内容でした。

すみません。

小倉美咲ちゃんを探しています

pexels-photo-3755618

 

1+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください