【佳子さま】の和歌で【金木犀】…怖い花言葉もあるらしい…。

girl with flowers lying on armchair

【佳子さま】の和歌で【金木犀】…怖い花言葉もあるらしい…。

【佳子さま】の和歌で【金木犀】…

 今年のお題は『窓』
”窓開くれば金木犀の風が入り甘き香りに心がはづむ”

秋のある日にお部屋の窓を開けると、金木犀の香りが風にのって漂ってきた。
甘い香りにふれて嬉しい気持ちになったことを詠んだ和歌だ。

https://dot.asahi.com/dot/2022012000008.html

【佳子さま】らしいほんわかした和歌です。

仕方がない、可愛くほんわか生きる。

でも導火線は短いんです私…

これが【佳子さま】です。

しかし、【佳子さま】、怖い花言葉もある

みたいですよ…【金木犀】…。

【佳子さま】の和歌にでてきた【金木犀】…花言葉なぜ怖い?

【佳子さま】の和歌にでてきた

【金木犀】ですが、花言葉が怖い

といわれているようです。

金木犀には怖い花言葉があった!?
「初恋」「誘惑」「陶酔」などの花言葉を持っている由来としては、金木犀が放つ独特の甘い香りにあります。 その強い香りはまるで誰かを誘惑しているような印象を与えます。また、好みにもよりますが金木犀の香りが好きな人も多いため、人を陶酔させるというイメージからこれらの花言葉がついたといわれています。金木犀の独特な香りが嫌いな人にとっては、よりいっそう不気味で怖い印象を与えるのかもしれません。

https://www.flower-color.com/keywords/kinmokusei.html#a5

まぁ自己陶酔しまっくている

【佳子さま】にはうってつけの

花言葉かもしれませんね…。

【佳子さま】皇室一かわいいかもしれないが国民の風当たりは強い…。

【佳子さま】は、皇室一かわいいかも

しれません。でも国民の風当たりは本当に

強いです。姉【小室眞子】さんを

全面バックアップしてみたり、

成年皇族会見でマスコミバッシング…

批判とわがままを間違えており、

だから誹謗中傷と批判の区別も

つかないのかと…仕方がないこと

なんでしょう…。これからこのような

不思議な家庭環境で育たれ、

ある意味天真爛漫な【佳子さま】と

結婚しようと思うお相手が現れるのか…

また【小室圭】氏のような…いや

もっとすごいの連れてきそうですね…。

どうあれ国民の税金をたくさん使う

これが【秋篠宮ご一家】のやり方

何だと思います。今日もディスりまくり

でした。最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。


コメントを残す コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください