【伊藤詩織さん】勝利!あまりにも【山口敬之】氏には無理がある…レイプドラッグの可能性は否めない…。

【伊藤詩織さん】本当によくがんばりました!【山口敬之】氏は意味がわからない。

この事件、初めて聞いた時、

私は打ちのめされそうでした。

私が同じ【伊藤詩織さん】と同じ

立場だったらと考えただけで、

胸が痛くなり、涙が止まりませんでした。

私にこのような悲劇が起きていたら、

恐らく生きていたとしても廃人のように

なり、若くは廃人になる前に死を選んだかも

しれません。

あまりにもひどい事件です。

本当に【伊藤詩織さん】は強い!

彼女こそが真の【ジャンヌダルク】

だと思います。

しかし、【山口敬之】氏は何をいいたい

のでしょうか?開き直って法に触れるような

ことはしていない…意味がわかりません。

https://www.excite.co.jp/news/article/Mainichi_20191218k0000m040164000c/

憶測で物事を語るなと言う人がいる…しかし、【山口敬之】氏には余罪があるように思える…。やはり【レイプドラッグ】の可能性は?

今回の事件で思ったことは…

あまりにも【山口敬之】氏のやり口が

こなれていたこと…。

私には余罪があるように思えます。

元々、【伊藤詩織】さんはお酒に強かった

1軒目でビールをコップ2杯、グラスワイン1杯

2軒目で2人で日本酒2合

お酒を飲んで、記憶をなくしてしまったことは

これまでにもないとか…。それなのに、

2軒目に入店して1時間後、【伊藤詩織】さん

は突然めまいに襲われトイレへ…

給水タンクに頭をもたれたところまでで

記憶が途絶えたそうです。

明らかにレイプドラッグの可能性が高い

ように思われます。

ここからの内容がひどすぎる…。

現実かと思うと本当に苦しいです。

【山口敬之】氏のこなれた感…

きっと【伊藤詩織】さん以外にも余罪が

ありそうです。他の被害女性は怖くて

被害届を出せなかったのかもしれません。

ホテルに行くまでの間に何度か

【伊藤詩織】さんを助けられそうな

気配もありますが、不幸なことに

事件は起きてしまいました。

以下サイトに証言が載っています。

https://www.google.co.jp/amp/s/www.buzzfeed.com/amphtml/kazukiwatanabe/20170601

【山口敬之】氏の白々しさ…本当に恐ろしい

【山口敬之】氏、かなりの【強靭メンタル】

です。【山口敬之】氏は妻帯者であるにも

かかわらず、若い女性と合意の元で

性交渉があったと堂々と認めています。

この白々しさに身震いしそうになりました。

なんの悪びれた様子もありません。

しかも、これまでの報道、【伊藤詩織】さん

の著書からみても合意ではなく、レイプです。

判決についてしかも【山口敬之】氏は

納得できない、控訴する。

「私は法に触れる行為は一切していない」

と強く主張していました。やはりこういう

解釈をするだけでもイカれ具合がわかり

ますが、


自分の行動に責任を持たない上、

レイプドラッグを入れていなかったと

主張するのであれば、都内のホテルに連れて

行き一緒に泊まるはずがないと思います。

ここまで計画的に考えられているにも

かかわらず、美人局やハニートラップなど

【伊藤詩織】さんはいわれ、本当に

かわいそうです。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17543833/

ネット上で【伊藤詩織】さんを叩くのはもうやめてほしい…。

今までに美人局やハニートラップと

いわれていた人々と【伊藤詩織】さんの

事件は違うかと思います。

とくにネット上で【伊藤詩織】さんを

叩いている女性の方々、もし自分が同じ

立場だったらと考えてほしいのです。

どんなに気をつけていても、いつ犯罪に

巻き込まれるかわからない世の中なので、

消して人ごとと思わず、受け止めることで、

誹謗中傷などできなくなると思います。

男性の方々ももっと【山口敬之】氏を

責めるべきです。そもそも泥酔している

女性に合意なんてありません。

その場凌ぎのように、無精髭をそり、

誠意を見せたふりをするような

【山口敬之】氏を人として認めては

いけないのです。【安倍政権】の手がかかって

いる【山口敬之】氏なので、逮捕される

こともなくのうのうと生きています。

あくまでも民事の判決だと堂々と主張する

姿をみて、【山口敬之】氏には

二度とジャーナリズムやジャーナリストなど

語らないでいただきたいと改めて思い

ました。もう怒りしかないです。

【伊藤詩織】さんの勇気と勝利に栄誉を称え

この話は終わりにしたいと思います。

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

https://www.excite.co.jp/news/article/Wezzy_50723/

https://m.facebook.com/noriyuki.yamaguchi?fref=nf

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください