【代理ミュンヒハウゼン症候群】だからって…子供が死んで言い訳がない…神奈川 小1男児殺害容疑…。

man person people laptop

【代理ミュンヒハウゼン症候群】だからって…子供が死んで言い訳がない…神奈川 小1男児殺害容疑…。

【代理ミュンヒハウゼン症候群】が

また取り上げられるような事件が

おこってしまいました。

3年前、神奈川県大和市で当時7歳の息子を窒息死させたとして、42歳の母親が逮捕された事件で、母親が周囲の関心を引くために子どもに危害などを加える「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性があるとして、市などが対応していたことが分りました。
自称・看護助手の上田綾乃容疑者は2019年8月、大和市の自宅アパートで当時、小学校1年生だった二男の雄大くんを窒息させ、殺害したとして21日朝、送検されました。
関係者への取材で、雄大くんは生後5か月だった2012年10月にも自宅で心肺停止となり、救急搬送されていたことがわかりました。
上田容疑者の長男と長女も過去に死亡していたため、大和市などは上田容疑者が周囲の関心を引くために子どもに危害などを加える「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性があるとして対応し、雄大くんは2年半近く児童相談所に保護されたということです。
その後、2017年に三男が死亡し、雄大くんは再び保護されていました。

https://news.ntv.co.jp/category/society/32de43fab3d34a9db3db5eae3625a119

結果論、感情論など色々といわれるので

しょうが…【代理ミュンヒハウゼン症候群】

だからって…子供が死んで言い訳がないん

ですよね…4人の子供たちは生きたかったと

思いますよ…親のせいで死なないといけない…

そんなことあってはならないです。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000245384.html

児童相談所も家庭裁判所も子供を守る気があるのか…。

こんなこと私がいってもしょうがないの

でしょうが…次男雄大くんが亡くなったのは

3年前…生きていれば10歳?

なんなんですかね…いくら調査が

あるといっても雄大君の兄弟3人も

亡くなってるのに…なぜずっと

保護することはできなかったのか…

そりゃ子どもは家に帰りたいと

いうでしょう。自由にならないので…

そんなことしてるから根本の命、

守れなかったんですよね…。

本当に守る気があれば、

「お母さんに投げ飛ばされ、口から血を吐いた」

という雄大くんの発言を無視することは

できなかったと思います。

誰もが児童相談所も家庭裁判所も

子供を守る気があるのか…と思ってしまう

のではないでしょうか?本当に疑問です。

怖いのが元夫や近所の方々がマスコミによく話すということ…。

【上田綾乃容疑者】の元夫や近所の方々が

マスコミよく話している現状が何だか

怖いです。言いたいことがいっぱいあったの

かもしれませんが…子供が沢山亡くなっている

状況でもありますし、聞くマスコミが一番悪い

ですが…他人事だからってこんなにたくさんの

人々がマスコミに対応しなくても…と

つい思ってしまいます。どうでもいいですが、

【上田綾乃容疑者】の自称、看護助手ってのも

不思議な感じですね…もう恐怖しかないです。

子どもたちをどうすれば守ることができるのか…。

児童相談所をもう一度考え直す…

頑張っているところは問題ないかと

思いますが…でももう少しシステム

だけでも考えなおしたほうがいいのかも

しれません。通報ではなく訪問…

少しでもおかしいと思ったら親を

調べてみる。そうでもしないと

子どもを守ることはできません。

色んな方法があるかと…もっと

限られた面談時間で親の異常さなど

見つければ、少しは子どもを死なせずに

すむのかもしれませんね…。

偉そうなことばかりいいましたが、

とにかく子供たちが死んでしまう

ということに私は耐えられない…。

それを言いたかっただけです。

ウダウダグダグダすみません。

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました。

コメントを残す コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください