【ペット葬儀】って?【ニャオ太】がお空に行って1ヵ月が過ぎました。我が家の庭は【ペットセメタリー】…。

【ペット葬儀】って?我が家の【ニャオ太】がお空に行って1ヵ月…我が家の庭は【ペットセメタリー】化…。

早いもので、【ニャオ太】がお空にいって

1ヵ月が経ちました…。

【ジョンさん】がお空に行ってからは

1年3か月が経ちました…。

お二人さんお空で仲良くしているかと…。

我が家の庭は【ジョンさん】と

【ニャオ太】が仲良く並んでおります。

 

【ジョンさん】の時とは違って、

【ニャオ太】とは突然のお別れ

だったので、【ニャオ太】の持ち物

などは(ニャオ太ハウス等)

早めに処分しました。

いつまでも置いていても、悲しみ

しか湧いてこないことを

【ジョンさん】の時に学んだので…。

 

我が家は土葬を選んだが…そういうわけにもいかない人が多い…【ペット葬儀】があるよう…。

我が家の【ジョンさん】と【ニャオ太】は

いつも遊んでいたスペースに土葬することが

できましたが…皆さんそういうわけには

いかないかと…。都会に住まれている方々は

【ペット葬儀】を利用されるようです。

【ペット葬儀】って?

やっぱりペットって家族なんですよね…。

ちゃんと送ってやりたい…。

今年も我が家は【ニャオ太】の精霊船を

作る予定です。ペットが亡くなって

土葬ができない場合は火葬となるの

ですが…。

悲しみに打ちひしがれている時に

このような事務的な手続きをするのは

本当に苦痛でしかありません。

【ジョンさん】の時は本当に大変で

1m50cmぐらい堀り、石灰を蒔いて

埋葬しました。おもちゃやお菓子、フードも

たくさん入れてあげました。

ニャオ太の時は80cmぐらい掘って

同じように石灰を蒔き、

おもちゃやお菓子、フードを

たくさん入れてあげました。

img_6511

労力は大変なうえ、泣きながらの作業です。

精神的にも体力的にも疲れます。

このような土葬ができない方々は

火葬となるのですが、最近は火葬車が

自宅にきてくれるとか…傍から見たら

火葬車ってわからないそうですよ…

すごいですね…。

img_6026

火葬にも種類があるとか…。

火葬にも種類があるみたいで、

合同火葬と個別火葬とあるようです。

お骨上げもできるとか…。

人間とほぼ一緒ですね…。

火葬の費用はペットの体重によって

違うようです。

img_7659

私の知人の歯医者さんの所に2匹の

ワンちゃんがいましたが、

お空組になって火葬を頼む際、

小型犬なのに⇒中型犬料金

中型犬なのに⇒大型犬料金だったと

いう話を聞かされました。

チョット太めのワンちゃんたち

だったので仕方がないのでしょうが…。

 

img_6715

火葬の値段は?

火葬のお値段ですが、だいたい¥8500~の

ようです。

最近は見積も無料でできるみたいですよ…。

やっぱりなんでもお金がかかるので、

無料相談や無料見積を利用して

だいだいどのくらいなものなのか

相談してみるのがいいかと思います。

ペット霊園や納骨堂へ預ける方が多いとか…。

最近はペットと同じお墓にということも

できるようです。お金がある方や新たに

お墓を立てられる方はいいかと思います。

一般的にはペット霊園や納骨堂という

選択肢が多いようです。

全国のペットと一緒に入れる霊園・墓地

img_6016

人間と同じように送ることができる…。

最近はペットの葬儀場などもあり、

お迎えがきて葬儀もできるとか…。

もう人間と同じですね…。

ペットも家族なので、ちゃんと送って

あげたいですもんね…。

ここでちゃんと送ってあげないと

ただでさえ襲ってくる【ペットロス】に

耐えられないかもしれません。

一体何がいいたかったのか…。

とにもかくも、ペットと過ごす時間と

いうのはかけがえのないもので…。

だからこそお空組になったらキチンと

送ってやらないといけないなと改めて

思いました。

自分の気持ちに区切りをつけるためにも

キチンと送ってあげることが大事かと…。

しかし、【ジョンさん】の時ほど、

【ニャオ太】とのお別れは苦しくは

なかった…。

img_9867

それは【ジョンさん】が私に悲しみの経験を

させてくれていたからだと思います。

でも【ニャオ太】を抱っこして連れて帰って

来たときは、家族全員で

「もうペットは飼わない…」

と話しました。やっぱり辛いです。

大事な家族だからこそ、キチンと

送ってあげないといけません。

img_9907

飼っている間も大事に、お空に

行ってからも大事に思う気持ち…

これが大切なんでしょうね…。

結局意味がわからない投稿となりましたが

ペット葬儀は必要だと改めて思ったという

内容でございました。

最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

img_9698
2+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください