【テセウスの船】第2章が始まる…4話はとても切なかった…(ネタバレあり)。

ありえない話ではあるが…ついついハマってしまうドラマです…。

死刑囚の父、佐野文吾【鈴木亮平】のことを

何も知らずに生まれてきた田村心

(佐野文吾の息子)【竹内涼真】

でしたが、事件が起きた平成3年へ

タイムスリップ…父の無実を知ります。

あと自分の家族はとても明るく暮らして

いたことも知り安堵もするのですが…

本当にありえないストーリーなんですけど、

真剣にハマってしまうのでございます。

https://www.google.co.jp/amp/s/m.crank-in.net/news/73639/1/amp

第2章はガラリと変わってしまった世界に…。

田村心(佐野文吾の息子)【竹内涼真】は、

タイムスリップし現代に戻ってきましたが…

ガラリと世界は変わっていました。しかし、

父:佐野文吾【鈴木亮平】は死刑囚のまま

です。心の姉、田村鈴【貫地谷しほり】は

顔を整形し名前を田村あいと変え、暮らして

おり、母と兄は無理心中…もうこの世に

おらず、悲しいことに…。

鈴の同級生、加藤みきおは木村みきお

【安藤政信】となり、木村さつき(教員)

【麻生祐未】の子として生きていました。

しかも鈴の夫となり、お腹には赤ちゃんが…

さつき先生は白髪のおかっぱで怪しさが増し

気味が悪いです。

心の妻、田村由紀【上野樹里】は岸田由紀であり週刊誌の記者として生きていた。

田村心【竹内涼真】が現代に戻ってきたら…

彼の家族はいませんでした。心の妻、

田村由紀【上野樹里】は岸田由紀として

週刊誌の記者として生きています。

岸田由紀は音臼小で起きた無差別毒殺事件を

追っている状況でした。

死刑囚の父、佐野文吾【鈴木亮平】は再審請求をしないと諦めていた…。

田村心【竹内涼真】は死刑囚の父、

佐野文吾【鈴木亮平】に会いに行きます。

父は再審請求をしないと諦めており、

以前と変わった状況を心に教えます。

⚫︎ オレンジジュースではなく、はっと汁に青酸カリが入れられた。

⚫︎ 金丸茂雄(宮城県警仙南警察署強行犯捜査係の警部補)【ユースケ・サンタマリア】が何者かに突き落とされ死亡する。

この状況を打破するため、田村心はこれから

動いていくようです。最後の被害者の会が

開催されるということで、無罪を覆すことが

できるような証言を求めて会に田村心は

岸田由紀【上野樹里】と参加するのでした。

岸田由紀【上野樹里】のお陰で感動の4話でした…。

【被害者の会】に田村心【竹内涼真】は

雑誌記者の岸田由紀【上野樹里】と

参加します。しかし、そこには参加しない

はずの木村さつき【麻生祐未】が

参加しており、スピーチまでしていました。

心の姉、田村鈴【貫地谷しほり】は、

やっと平穏な毎日を手にしていますが、

この生活を手放しても大好きな

父:佐野文吾【鈴木亮平】の無罪を

勝ち取りたいという気持ちは心と同じ

でした。

心は姉のことを思い、壇上に上がることを

諦めますが…。

岸田由紀【上野樹里】が代わりに壇上に

あがり佐野文吾の無罪を主張…。

感動でした。被害者に飲み物をかけられ

ながらも岸田由紀は主張します。

【上野樹里】さんの熱演に感動です。

https://mantan-web.jp/article/20200209dog00m200054000c.html?yclid=YJAD.1581289183.4olcBi2dcq24GcwaThU3bYY6ZwM8zo1K316M5xyj0lZhaQdnkByWaxE2fTZtApJhYOdWxT_a9f0M0k8-

原作の漫画とドラマは内容が違うらしい…。

原作の漫画は北海道が舞台…

ドラマは新潟県…。青酸カリが入れられて

いたのは原作は牛乳、ドラマははっと汁…。

犯人はテープレコーダーに犯行について

語っていましたが、ドラマではワープロで

カタカタと表示されます。

違いがあってもどうでもいいですが…。

とにかく面白いドラマです。これからどんな

展開になるか楽しみですね…。みなさん、

見てみてください。久しぶりのドラマ投稿

でした。最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/

0