【テセウスの船】ドラマ最終回…衝撃の連続でした…。

【テセウスの船】ドラマいよいよ最終回…衝撃の連続です!

もう本当にずっとハラハラドキドキ

させられるドラマでした。

今シーズンのドラマは面白いものが

多かったです。この【テセウスの船】も

面白く心が温まりました。賛否両論あるかと

思いますが…。

竹内涼真と鈴木亮平が「テセウスの船」クランクアップ「最終話は衝撃の連続です」

留置場にいる佐野文吾【鈴木亮平】に【俵万智のサラダ記念日】が差入れられた…。

佐野文吾【鈴木亮平】は留置場で

俵万智【サラダ記念日】が差し入れ

られました。その後、みきおの共犯者は

自分だと佐野文吾は言いだしたます。

一体何が書いてあったんでしょうか…

妻:和子【榮倉奈々】は仙台の実家に

帰ることを決めますが…。

子供達にお父さんのワープロから

犯人にしかわからない内容が入っていた

といいます。

鈴の

「お父さんの下手くそな字で書いてあるのであれば信じるけど…」

という言葉に心【竹内涼真】は

タイムカプセルの

中に手紙を入れていたことに気づきます。

掘り起こし手紙の内容を見ると内容は

家族に宛てたものでした。

佐野の家族はみんなでお父さんを

信じる決意をします。

やっぱり【加藤みきお】だった!

原作通り、【加藤みきお】が大量殺人の

犯人でした。鈴のこと大好きすぎて、

ヒーローになりたかっただけ…

鈴はお父さんみたいな人が好きといった

ため犯行に及んだようです。

みきおは自供したものを心の

ボイスレコーダーに

吹き込み、青酸カリを飲むのでした…。

警察にボイスレコーダーを提出し、

佐野文吾は釈放されます。

しかし、今回、加藤みきおくん役の男の子は

すごかった…。あの唇に本当に

イライラさせられました。

素晴らしい子役さんでしたね…。

竹内涼真:「テセウスの船」4カ月やり切った心さん役「苦しかった」 最終回は「僕自身は好きなラストに」

黒幕は誰なんだ?

心、宛てに脅迫状が届きます…。

言われた通り書き置きをして

心は佐野家を後に…。

脅迫状のとおり一人で神社に行くのですが、

これは犯人の思惑通りで本当の

狙いは佐野文吾でした。

なんと黒幕は…まさし【せいや】!

まさしは汚いです。背後から佐野文吾を

刺してしまいます。

そして心が2人の元へ到着。

なぜかまさしが錯乱し3人で揉み合いに…

心が刺されてしまいます。

どうなってしまうのかと涙が止まり

ませんでした。

本当に【鈴木亮平】さんと【竹内涼真】

さんの迫真の演技がこのドラマを

盛り上げましたね…。

せいやさんも上手でした。

竹内涼真「田村心は幸せだったんじゃないかな」『テセウスの船』最終回は「僕は好きな結末」

エンディングが本当に笑えます!

佐野家5人全員と由紀【上野樹里】と家族で

集まっているところがエンディングです。

カニ食べてますよ!

みきおもさつき先生とカフェを営んでおり

特製芋ようかんは看板メニューのようです。

鈴ちゃんも暗くなく、子供の頃のまま…

和子さんも元気です。1番びっくりなのは

慎吾がハライチの澤部さんだったこと…。

もう全てをかっさらっていった感じです。

鈴ちゃんとの掛け合いがよかった!

「テセウスの船」最終回 黒幕よりもハライチ澤部が話題「全て持っていかれた」

とてもいいドラマだった!

家族ってこういうものだ…ということを

表してくれたドラマだったかと…。

昔、メル・ギブソン主演の【身代金】と

いう映画がありました。お子さんが誘拐

されるというストーリーでしたが、

奥さんが全くご主人を信じないという

悲しい状況で、とても悲しかったです。

昔、ある人にこの映画の話をした際、

「私も主人が殺人犯で捕まったりしたら、やってるやってないに関わらず離婚する」

と言われました。まぁ色々と考え方が

あるかと思いますが、やっぱり夫婦は

他人なのかと気付かされたのを思い出し

ました。

しかし、私の考えとしてはやはり、

佐野家のように互いを思いやり、

何があっても信じてあげて見捨てないと

いうのがいいかなと思ってしまいます。

今回のテセウスの船からまた気づかせて

もらいました。とてもいいドラマだった

かと…澤部さんに持っていかれすぎ

でしたが…。

単なる感想文ですみません。最後まで

お付き合いいただきありがとう

ございました。

0

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください