【エピセンター】…また新たな言葉…政府が何もしないなら、しょうがないから国民一人一人が【新型コロナウイルス】へ関心を持ち立ち向かうしかないでしょう…。

【エピセンター】…また新たな言葉…政府が何もしないなら、しょうがないから国民一人一人が【新型コロナウイルス】へ関心を持ち立ち向かうしかない…。

また【新型コロナウイルス】に関して新たな

言葉です…今度は【エピセンター】…。

7/16(木)参院予算委員会の閉会中審査が

行われました。

野党が推薦した参考人

東京大学先端科学技術研究センター児玉龍彦名誉教授

が声を震わせながら国会議員に対し、

今置かれている日本の状況を説明し、

危機感と総力での対策を訴えられました。

とてもわかりやすく、そして何よりも

心に響いた専門科の言葉だったように

思えます。

 コロナ「東京型」エピセンター発生? 「来月は目覆うことに」 国会で専門家が危機感 総力での対策訴える

 

クラスターとエピセンターは全く違うもの…。

東京大学先端科学技術研究センター

【児玉龍彦】名誉教授の話はとても

わかりやすかった…。

そもそも「エピセンター」とは

発生源・震源地という意味とか…。

あと以下の内容を説明されていました。

● 「クラスターとエピセンターは全く違うもの」

● 「クラスターは外来の感染者が来て最適な条件ではないところで増えて起こるもの

● 「エピセンターというのはそこで自立的に感染が増えていくことが起こる

● 「エピセンターには一定数の無症状の方が集まっている

わかりやすいですね…。

 エピセンター(感染集積地)の制圧

 

遺伝子のゲノム疫学で見てみると…。

もう【新型コロナウイルス】が変形して

いる…。

本当に怖いのが【新型コロナウイルス】です。

● 第一の波は武漢型

● 第二の波はイタリア・アメリカ型

● 現在、東京型 埼玉型になっている…

このような状況だそうです。

日本の中にエピセンターができている

児玉龍彦名誉教授が強くいわれていることは

「国の総力をあげて止めないとニューヨークの二の舞になると懸念している」

ということです。

 

 

【児玉龍彦】名誉教授の言葉は心に響いた…。

【児玉龍彦】名誉教授は以下の言葉を強く言われました。

●「今日の勢いでいったら来週は大変になります
●「今日の勢いでいったら来月は目を覆うような惨状になります

本当に怖い現状であること…

もっと政府は理解して欲しいです。

 

 

【児玉龍彦】名誉教授の言葉が本当に強く

心に響きました。国会議員の方々は

感動している場合じゃありません。

感銘を受けている場合ではありません。

時間がないということをよく理解し

的確な対応をすべきかと思います。

 

 

ではどうすればいいのか?

【児玉龍彦】名誉教授は以下をすることが

大事だと話されていました。

● 一番大事なのは【感染集積地】と【そうでない所】を分ける

● 【感染集積地】をしっかり指定して【集積地】という面を制圧する

では何をすれば…

● 国会には総力を挙げて【検査体制】を投入すべき

だそうです。

 

 

いつでもどこでも【PCR検査】を!エピセンターでの20万人規模の【PCR検査】を実施!

とにかく検査をして振り分けをしないと

いけない…。

これまでの研究結果から、

● PCR陽性で無症状…抗体が作られない人がいる

● 一部にスーパースプレッダー(拡散者)になる可能性がある人がいる

● ずっと抗体が出ない人、時期的に抗体が出ない人がいる

こういった人々を確定し、隔離する必要が

ある。

そのためにはやはりPCR検査をするしか

ないとのこと。

とてもわかりやすく、やろうと思えば

できること…

国はさっさとやるべきではないでしょうか?

何をしているんですかね…。

 

 

【Go toキャンペーン】どころでもないのに、【麻生副総理】は【派閥パーティー】を開催…自分のことしか頭にないんですか?ふざけるな!

【Go toキャンペーン】どころでもないのに、

【麻生副総理】が【派閥パーティー】を

開催していました。本当に自分のことしか

頭にないんですか?

ふざけるな!としか言いようがありません。

 

 

このバカパーティーでは【安倍晋三】氏が

ビデオメッセージを…また

「憲法改正!憲法改正!」と

いっておりました。国民の命あって国が動く…

国会・国政はあなた方のようなバカな

政治家の遊び場、おもちゃじゃないんです…。

いい加減にしていたいだきたい…。

【新型コロナウイルス】と【憲法改正】を

無理やりこじつけていました。

もう本当につらいです。

 

 

政府が何もしないのであれば、国民一人一人が気をつけるしかない…。

悲しいですが、何もしない日本政府です。

だったらもう国民一人一人が

自分たちで【新型コロナウイルス】に

気を付け、立ち向かうしかない…。

いくら気をつけていても感染する…。

今回、【児玉龍彦】名誉教授の話を聞いて

本当に【新型コロナウイルス】が恐ろしい

ウイルスであることを改めて理解しました。

 

 

【児玉龍彦】名誉教授の発言は

大袈裟という人もいるかもしれません。

空振りであろうが、感染しないということで

自分以外の人にうつさないということに

なるので、それが一番大事かと…。

これからも不要不急の外出をしないよう

ロックダウンになることがないよう

みんなで気をつけていかないといけない

ですね…。

心が折れそうですが、もう頑張るしかない

のです。

辛いけどがんばります!皆様もどうぞ

お身体を大事にしてください!今日も

大きなお世話でした。

すみません。最後までお付き合いいただき

ありがとうございます。

pexels-photo-3951606
1+

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください